「ぼけますから、よろしくお願いします。」映画上映会&講演会

■老老介護の映画上映会&講演会
 介護に関する疑問、悩みを共にわかち合いましょう
c0082534_22003638.jpg
 
◎大反響を呼んだドキュメンタリー映画上映
映画「ぼけますから、よろしくお願いします。監督・信友直子

◎介護の講演会
「老いという生き方」講師/臨床心理士・中谷恭子先生


■開催日時
2019年6月16日(日)12時30分〜16時
■開催場所
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上184宮上幼稚園 講堂にて
■料金 
前売り1300円 当日1500円(映画上映&講演会)
■申し込み方法
メールで予約お申し込みいただけます
iroenpitsuyugawara@gmail.com

※お名前 お電話番号 予約人数をご明記ください。当日、受付にてチケットをお渡しします。

■イベントスケジュール
・映画上映会のあと講演会を開催いたします
12:30  開場
13:00 映画上映開始
15:00 「老いという生き方」講演会開始
16:10 終了




「ぼけますから、よろしくお願いします。」予告編
◎母87歳の認知症。 父95歳。
 娘の視点から、家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリー。


c0082534_20555202.jpg






映画あらすじ
広島県呉市。この街で生まれ育っ た「私」(監督・信友直子)は、ドキュ メンタリー制作に携わるテレビ ディレクター。18歳で大学進学 のために上京して以来、40年近 く東京暮らしを続けている。結婚 もせず仕事に没頭するひとり娘を、 両親は遠くから静かに見守ってい る。そんな「私」に45歳の時、乳が んが見つかる。めそめそしてばかりの娘を、ユーモアたっぷりの愛情で支える母。母の助けで人生最大の危機を乗り越えた「私」は、父と母の記録を撮り始める。だが、ファインダーを通し、「私」は少しずつ母の変化に気づき始めた... 病気に直面し苦悩する母。95歳で初めてリンゴの皮をむく父。仕事を捨て実家に帰る決心がつかず揺れる「私」に父は言う。
「(介護は)わしがやる。あんたはあんたの仕事をせい」。
そして「私」は、両親の記録を撮ることが自分の使命だと思い始め-る。


■介護の悩み解決講演会(上映後に開催)
「老いという生き方」
講師 中谷恭子(臨床心理士)


老いを受け止め日々を豊かに生きたい。誰もが望む「幸せな老後」のために、家族やミュニティはどう変わってきているのか。 中谷恭子先生に、 豊富な経験からお話をしていただきます。 老後を楽しく生き、支える家族にとっても楽しい思い出となる関係を作るには? 指針となる講演会。


・講師プロフィール
中谷恭子(なかたにきょうこ)

東北大学教育学部教育心理学科卒業、同教育学研究科博士課程前期修了。現在は兵庫県立「ひょうごこころの医療センター」地域ケア部多職種多機能チーム勤務。 病院に勤務の傍ら、講演会や研修会などを通じて発達障害・精神障害など、障害の特徴を当事者 と関わる人々に誤解なく伝え、その人の暮らしている場所や人との関係をより良 いものにしていく活動を続けていらっしゃいます。



イベント主催「1人ひとりの個性をだいじにする会・湯河原色えんぴつ」
c0082534_22044338.jpg

・「色えんぴつ」ってどんな会ですか?
2009年に神奈 川県湯河原町にある「発達障がい当事者研究会」として始まりました。近隣に住んでいる広汎性発達障が いのお子さんをもつお母さんと、発達障がいに興味をもつ人たちとが集まって、月に一度の勉強会を開催、年 数回のイベントを企画しているとてもアットホームな会です。

「色えんぴつ」で一緒にイベントをつくりませんか?
「色えんぴつ」のイベントは、絵や工作、朗読劇の上演など、アート・ワークを通したイベントが主体です。みんなで大きな絵を描いたり、海の生きものを作って部 屋中に飾ったり、からだや声を使って遊んだりします。湯河原在住の作家・田口ランディさんや、音楽家の巻上 公一さんら、多彩なメンバーがスタッフとして参加。会場は湯河原町の宮上幼稚園のホールで行なっています。 一緒に活動してくださる方募集しています。連絡は 0465-62-3994(宮上幼稚園・担当:井上)まで。

c0082534_22052956.jpg

by flammableskirt | 2019-04-29 22:08 | イベントのご案内

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31