舞い降りた「祈り像」

田中千工さんの祈り像を見たとき、なんて不思議な仏像だろうかと思い、すぐにでも作者にお会いしたいと思った。いったいどういう人が、どういう経緯でこれを作ったのか知りたかったのだ。
田中さんが仏像を創り始めたのは、とある事情から心身ともに傷つき、人生のどん底の状態にいた時だったという。ふと、粘土でなにかを創りたいという衝動を感じ、気がつくと仏像が手のなかに現れていた。それは創ったというよりも、仏像が降りてきたと言ったほうがいいかもしれない。以来、田中さんは仏像を創り続けている。最初はブッダだった。苦行に苦しむようなブッタ像。創り続けているうちにさまざまな仏像たちが現われる。慈悲深いもの、修羅と菩薩の二つの顔をもつもの……。すべて粘土で創られている。彼の作品を知る人はまだほとんどいない。まったく無名の人と言ってよいだろう。でも、この仏像にはなにかを感じる。だから、とりあえず見てください。ようやくホームページを立ち上げたという連絡を受けとったので、ここにご紹介します。あなたはこの仏像たちをどう思いますか? 苦しみ悶える一人の人間に突然にやってきた仏像たち。そういうことは、あるのだと思う。私自身が、兄の無残な死を経験して「書きたい」という衝動を得たように、どん底にいる時に現れる、祈りにも似た表現衝動……。自分ではない者が存在するように、なにかを創りだす瞬間。
まずは、彼の「祈り像」を見て、感じてください。

祈り像
by flammableskirt | 2012-06-25 22:03

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31