ナイジェリアの布


16日から関西に出張して、戻りは21日です。
しばらく留守にします。姫路→神戸→滋賀→京都と、なんだか関西巡業という感じ。
ドサ周りの旅芸人みたいだ(笑)


ナイジェリアに住んでいる知人が日本に帰国していたのだけれど、年末年始と仕事がたてこんでいて会えなかった。申し訳ないな、と思いつつも、どうしても執筆の状態に入ると他のことができなくなる。気持ちを精いっぱい集中してしまうので、余裕がなくなってしまうのだ。一度緩めてしまうと、もとの緊張になかなか戻せなくなってしまう。それで一気に一冊分の入稿と、ゲラ戻しをしたのだ。

実は、年末から、今年最初の満月の日まで、ほんとうに集中力が上がった。気候のせいなのかな、空気は澄んでいて太陽はまばゆくて、それに、月もすばらしかった。こんな精妙な空気はめったにないほど、気持ちがよかった。それで思いきり自分の創造の世界に入ってしまった。こういう清々しい星の巡りは久しぶりだと思った。そんなことを感じたのは私だけなんだろうか?今日もまだ続いている。海がほんとうにきれいだ。こういうときは、ものすごく内省的になり、ちょっとひきこもったような状態になってしまう。

知人は、私にナイジェリアの布を送ってくれた。その布は渋い色なのだがとても大胆な柄で、ひと目みた瞬間に「これで帯をつくろう、ステキな帯になる」と思った。日本に
はないデザインだけど、絶対に着物に合う。この布を帯にして、着物を着たところを写真に撮って送ろうと思った。会えなくてごめんね。でも、この布はずっと大切に身に付けるね。
by flammableskirt | 2009-01-14 11:49

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31