天丼とうな重

1月4日、父の命日の夜に、父がまた夢に出てきた。

父は私を下町のちょっとした食堂に連れていく。
奥の座敷に上がる。個室になっている。
すでにテーブルには、箸が二膳分、用意されている。
父はごきげんで「俺は天丼」と言い、
「おまえはうな重でも食べろ」と言う。
正月で胃がもたれていたので、うな重はちょっとなあ……と思い、
「わたしも天丼でいいよ」と答える。
父はにやにやしながら、天丼が来るのを待っている。

それだけの夢だった。
目が覚めてから「なんで天丼?」と思った。
父はたいへんごきげんだったので、きっとあの世で楽しく暮らしているんだろう。
でも、肉体がないと天丼は食べられないんだろうな。
なにかとてもほっとする夢だった。
by flammableskirt | 2009-01-06 10:09

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31