初夢

 年末年始、どうしても行事が多く、飲食の機会も多い、セーブすればいいのだがつい、調子に乗って食べてしまい、飲んでしまい、例年のことながら体調を崩す。
それでも、年末年始とすこぶるお天気が良かったので、気分がいい。
 新年から予定通り、仕事をする。

 久しぶりに元旦に初日の出を拝みに行った。
 九十歳の両親もいっしょに行きたいというので、近所の星が山まで登った。
 すばらしい初日だった。日の出を見たのは何年ぶりだろうか。
 毎日、太陽はこうして昇っているのだなあ、と、あたりまえのことを不思議に感じた。

 そういえば、今年は早寝早起きをしたが、初詣でに行っていない。
 毎年、元旦に行くのだが、富士山を見て戻って来たら娘が寝てしまって行きそびれたのだ。
 二日は仕事をし、三日は用事があって新宿に出かけた。
 
 今朝、妙に体が疲れていて、めずらしく10時まで朝寝してしまった。
 でも寝れるというのは元気な証拠だと思う。ほんとうに具合が悪いときは眠れないから。
 そして、またしても、正月から「トイレ」の夢である。まったくこの夢が多い。
 しかし、今回は新たな展開があった。
 毎度のことながらトイレに行きたいのに、トイレがすごく汚い。
 なんと今年は、自分でトイレを掃除したのだ。
 新年からうんこまみれである。夢のなかでも「げえ……」と思っているが、
 とにかくきったねえどこかのトイレをついに掃除したのである。
 これは長年トイレが汚いという夢を見続けているが、初めてのことで感動した。
「わ、私、トイレを掃除している!」
 夢のなかで、そう思っている自分までいた。
 ほんとうに気持ち悪くて夢のなかで吐きそうだった。匂いもする。リアルな夢である。
 しかし、私は糞尿にまみれながらも必死で掃除をしている。
 そして汚れたぞうきんみたいなのも、洗って、干しているのである。
 そのあと、自分の手の匂いをかいで「あんがい臭くないな」と思うのである。

 目が覚めてから「ついに掃除しちゃったよ……」とぼう然とした。
 二十代の頃から、この夢とはずっと仲良しだった。ことあるごとに見る夢だった。
 いつも「汚いトイレ」にうんざりして、逃げてきた。ついに掃除したのだ。
 しかし、掃除したからといって、トイレはそれほどきれいにならなかった。
 掃除が足りないのである。まだ汚い。清々しい高貴なトイレにはほど遠い。

昔、メキシコに行ったときに、マジックマッシュルームの儀式を受けて、
そのときにトランス状態になり、トイレに行ったら、トイレがあまりに神々しく美しいので仰天したことがあった。そのトイレは糞尿に汚れた実に汚いトイレであり、汚れたティッシュがうずたかく積まれていたのだ。それなのに、トランス状態の私には、あまりにもトイレが高貴で美しく、燦然と光り輝いていたため、「ああ、自分はやっぱり幻覚状態にいるのだな」と自覚した。同じトイレがこうも認識の仕方で違って見えるものかと感動した。

いったい、どちらの自分がありのままを見ているのだろうか。

感覚過敏の状態で見たトイレの美しさそ、ほんとうのリアルな世界なのじゃないだろうか。
いったい誰がウンコを汚いと思ったのだろうか。なぜそう認識してしまったのか。
自分の腹から出てくるものを、汚いと思う感性の方が変ではないのか。

私はもう一度、あの光り輝く美しい便器を見たいんだが、
夢のなかですら、あれを見ることができないのを悲しく思う。
by flammableskirt | 2009-01-04 16:31

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31