田口ランディ Official Blog runday.exblog.jp

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バリ島に 『早池峰岳神楽とバリ舞踊の競演』を
一緒に見に行きませんか。



早池峰神楽は岩手県早池峰山の麓の岳の集落にある、早池峰神社の氏子衆が奉納のために伝えている神楽です。日本三大神楽の一つでその高い芸術性を世界的に評価され、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されています。
c0082534_9401525.jpg


山深い里で行われる神楽は勇壮かつユーモラス。この六年ほど、早池峰神楽に魅せられて早池峰に通っておりました。独特の16ビートのリズムにわくわくし、神を信じて生きる神楽衆の人間性を尊敬し、神と人との生き方を学びました。ほんとうにすばらしい神楽です。

今回、早池峰神楽がインドネシアに招待されました。そして、インドネシアの神秘、バリ島のバロンダンスと、早池峰神楽の競演が実現しました。
バリ島のバロンは善の神で、早池峰の権現舞(獅子舞)と通じるものがあります。神事として伝わる二つの舞踊の競演、ぜひ観たいと思いました。
今回15人以上の参加者が集まればツアーが成立します。

 8月31日~9月4日の3泊5日で、バリ島への旅を計画しています。
めったに見ることができない、早池峰岳神楽とバリ舞踊の競演の鑑賞や、岳神楽の皆さんとの夕食会を含めて、約15万円です。
 
今の時点では正式なお申込みではありませんので、この日程なら行けそう、と思う方はご遠慮なくご連絡ください。
 
ご一報くださった方には、ツアーが決定となり次第、詳細をご連絡させていただきます。
バリ島は、いまでも神話と魔術が生きている島。早池峰も500年の間、権現様が生きている場所。二つの舞踊の競演、いったいバリ島で何が起こるかわくわくします!

こんな機会は二度とないでしょう。一緒にバリ島に行きませんか?
詳しいご案内、お申し込みはこちらです。
マジカル・ミステリー・ツアー
早池峰神楽とバロンダンスの競演をみんなで観に行こう!

c0082534_9481292.jpg


企画をしているのは別の方です。ツアーが成立したら私も早池峰ファンとして参加します。ほんとうにすばらしい神楽で長年通っています。バリ島のバロンとの競演、ぜひたくさんの方に観ていただきたくて応援しています!

田口ランディ
by flammableskirt | 2015-05-22 09:54
うちのだんなさまのお料理クラス。場所は小田原です。今回は空きがあるそうです。
我が家の朝ご飯の定番のリゾット。これはほんとに簡単でおいしい!
ダシは北海道の浦河べてるの家の切りこんぶでとっています。
忙しい朝、めっちゃ元気が出ます。
c0082534_2215491.jpg
ベーシック料理クラス
からだにやさしい野菜の朝ごはん
指導講師 田口たつみ
●みんなが大好きなリゾットを作ろう
マクロビをベースに、おいしくて簡単な朝ご飯を提案しています。今回はリゾットとスープ。
出しは昆布だし、ニンニクとオリーブオイルと玉ねぎで、おいしいリゾットができあがります。

日時:5月24日(日曜日)
小田原ガスエコリア本町店 3階キッチンスタジオ
10時半から15時まで
受講料;4,000円
小田原ガスショールーム エコリア(本町店)
250-0012神奈川県小田原市本町2-1-38
電話番号:0465-23-3400


申し込みお問い合わせは
tatsumi @tatsumix.net
090-7275-1885(田口たつみ)
FB:https://www.facebook.com/tatsumimacrobi

小田原駅から海方向に向かって道なりに徒歩約5分くらいです。
1階に受付がありますが、田口たつみの料理クラスと言って3階にお上がりください。
受付は3階で行ないます。
キッチンスタジオでお待ちしています。

c0082534_22132477.jpg

c0082534_22122298.jpg

by flammableskirt | 2015-05-21 21:32
6月9日(火)ダイアローグ研究会のご案内
イタリア人ジャーナリストが見た「日本の原発」

2010年から始まったダイアローグ研究会、今年は6年目を迎えます。
こんなに長く続けるとは、私自身、思っていませんでした。
20回を越えました。参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
福島第一原発の事故が起こる前から始まったこの原発をテーマとした研究会のスタンスは、事故前も事故後も変わっていません。対話なくして解決なし……です。

今回は、イタリア人ジャーナリストのピオ・デミリオさんを お招きしてお話を伺い、彼が取材してヨーロッパで放映された警戒区域の映像をご覧いただきます。
ピオは私の友人でもあり、日本での駐在歴は10年を越えます。日本語が堪能な日本通。そして、震災後の福島に最初に飛び込んで行った外国人ジャーナリストです。
彼の映像が、イタリアの国民投票で原発反対が選択されるきっかけになったとも言われています。
イタリア人ジャーナリストが見た、日本の原発。
どんなお話になるか、ピオは過激で天真爛漫な人なので予想もできません。
でも、きっととっても楽しい会になると思います。
ぜひ、ご参加くださいね。


皆様のご参加お待ちしております。


日時 2015年6月9日(火)18時30分開場 19時開始 21時終了
場所 お茶の水 駿河台明治大学リバティタワー 1094教室(9階)
参加申し込み方法
お名前と職業・連絡先を明記の上、事務局の宗野に参加表明をお送りください。
終了後の懇親会に参加する方は、懇親会参加と明記してください。

参加申し込み連絡先
ダイアローグ研究会事務局
宗野真悟 super_question_mark@yahoo.co.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダイアローグ研究会 とは?
社会・環境と科学の対話を考える
2010年~2015年までの軌跡

ダイアローグ研究会とは?
2010年に発足した対話のための研究会です。
北村正晴、田口ランディ、竹内整一、大森正之が発起人となり、明治大学においてほぼ隔月で研究会を開催してきました。一般参加者と専門家が対話する場として、毎回、六十人~八十人もの方たちが参加してくだっています。そのなかには原子力の専門家も多く、また、新聞やテレビに携わるジャーナリストもメンバーとして参加。幅広い年代、さまざまな職業の人たちといっしょに、多角的な問題提起を行い、対話を続けてきました。
科学技術の進歩とともに各領域の多様化・専門化が進んでいます。
細分化によってそれぞれの専門領域が確立する反面、その結果として言語や価値観の著しい相違が生じています。人間の生命に関わるような重大な社会問題に直面しても、この言葉や価値観の壁が障壁となり当事者同士の対話が成立しない状況を引き起こしています。違う領域の者同士がどのようにして対話のテーブルに着き、対話を始めるかはあらゆる分野において大きな課題です。しかし、私たちは『対話』とはどのようなものだと考えているのでしょうか。
対話の定義自体も曖昧なままで対話を始めていることが多いのではないでしょうか。
このダイアローグ研究会は『ダイアローグ=対話』を実践的に模索する研究会です。対話の可能性について考えるために、まず対話を体験してみること、を目的としています。
あらゆる問題を、対立ではなく対話によって超えていこうという試みです。

第一回研究会
2010年10月21日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1085教室
スピーカー 北村正晴
「対話の可能性を探る~原子力施設立地地域での経験から」
原子力立地地域で住民との対話集会を続けてきた体験から対話の難しさと可能性について、ダイアローグとはなにか?

第二回研究会
12月2日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1085教室
スピーカー 田口ランディ
「レオ・シラードから学ぶ~核時代の対話」
アメリカに原爆を作らせた影の男、物理学者レオ・シラードが戦後に展開した反核運動は対話の実践だった。

第三回研究会
2011年1月27日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学アカデミーコモン 309E
スピーカー モーリー・ロバートソン
「環境と情報と対話 私たちこれからどうなるの?」
ネット時代、ついに社会改革はネットを通じた連帯によって達成された。中東諸国に顕現した新しいネットコミュニケーションの可能性は反原発に繋がるか?

第四回研究会
2011年4月28日(木)
場所: 明治大学リバティタワー10階1104教室(隣に控室あり)
福島第一原発事故をめぐる対話(1)
第一部 18時~18時40分
「事故の経緯と現状の確認」
 発表者 北村正晴(原子力・リスクマネジメント)
第二部 18時40分~20時00分
 「対話(コミュニケーション)はなぜ必要なのか?」
 参加者 田口ランディ
     林志高 早稲田大学
     佐藤直子 東京新聞
第三部 20時10分~19時
 「そして、これから起こりうること」
  北村正晴
  野口邦和 放射線防護学
  全体進行 竹内整一
3.11の福島第一原発事故を受けて、北村氏より事故の経緯と現状の確認。そして、情報が錯綜するなかで、対話は成立するのか? 放射線防護学の野口氏より、これから起りうる放射線の被害についての発表。
 ※福島から来た被災者の発言により、進行は一時中断する。

第5回
5月19日
18時~21時
場所 明治大学駿河台校舎
リバティタワー
『福島第一原発事故をめぐる対話 その2」
 当事者が福島での被害の現状を語る
 
初回での福島原発事故の詳細と現状認識をふまえ、『その2』では、前回に福島から参加されたKさんのご発言をもとに、この問題を当事者ではない私たちはどう捉え、どう考え、どう行動していけばよいのかについて、具体的に意見交換した。写真家の藤原新也さんが参加。

第6回研究会
開催日 2011年7月14日(木)
時間 18:00~21:00
場所 明治大学リバティータワー1065教室
司会・進行
大森正之(明治大学政治経済学部教授)
スピーカー
・花村光太郎(明治大学政治経済学部大森ゼミナール)
「電力依存国、日本~原発とライフスタイル~」 
・大森正之(明治大学政治経済学部教授)
「ポスト3.11の環境と経済~異世代間の原発のリスクの配分について」
・山崎宏樹(明治大学院政治経済学研究科)
「リースによる太陽光発電の普及戦略」

明治大学大森ゼミによる発表。なぜ日本は電力依存に陥ったのか。また、自然エネルギーの有効活用の道は? 環境経済学の視点から次世代に原発リスクをどう引き継ぐべきなのか考える。初めて高校生の参加者を得て、有意義な話し合いがもたれた。

第7回研究会
2011年9月22日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1125教室
スピーカー 竹内整一 鎌倉女子大倫理学教授
「はかなさの感受性-転機としてのクライシス」
対話 竹内整一×田口ランディ
「放射線量で命は計れるのか?」

私たちはどこで間違ったのか? 放射線という新しい脅威に対して、私たちはどう立ち向かえるのか。このクライシスを転機に変えるためには? スピーカーの個人史から、思想の原点を聞く。

第8回研究会
2011年12月12日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1071教室
スタッフミーティングと今後の指針


第9回研究会
2012年2月20日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1071教室
スピーカー 西垣通 東京大学大学院基礎情報学教授
「基礎情報学から見た原発事故」
 生命情報という視点から、現代社会の問題をとらえる。情報化社会という名の「情報」は生命情報ではない。情報は一つではない。生命を情報という視点から見つめると、世界はどう変化するか?

第10回研究会
2012年4月16日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
スピーカー 吉岡斉 九州大学副学長 科学史
「異なる立場から原発の安全を探る」
 吉岡斉先生と北村正晴先生の対話
反原発の立場で、特に最先端科学技術の暴走に警鐘を鳴らしてきた吉岡氏。現在は政府の原発調査委員。北村氏は当時、原発保安委員会の教育的な立場。
原発事故発生以前、両者は立場的には対立していたが、事故以降、原発に対する意見は少しずつ歩み寄っている。共に横滑り的な「反原発・即時停止」の主張には危機感をもっており、原発を扱う人間の精神性に関心を寄せている。原子力問題の未来を担う二人の対話のなかから、原発問題のより安全かつ現実的な道を模索した。

第11階研究会
2012年5月14日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1064教室
前回のフォローアップ研究会

第12回研究会
2012年6月18日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
スピーカー 北村正晴・八木絵香・川合アユム・田中宏和
「行動と対話の接点」
ダイアローグ研究会参加者による対話。対話と行動……どちらが大切なのか?その接点は?

第13回ダイアローグ研究会
8月25日~26日
福島スタディツアー
研究会有志による川内村一泊スタディツアー。
村の民家へ突撃夕ご飯など、盛りだくさんの二日間
コーディネーター 西巻裕(川内村在住 原発を考える知ろう館 館長)

第14回研究会
2012年9月3日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
スピーカー 島薗進 東京大学宗教学教授
「放射線被曝におけるリスクコミュニケーションはなぜ成立しにくいか」
生命倫理の観点から原発……特に放射線被曝の問題をなぜ医師が過小評価するのか……という問題に斬り込む。吉岡斉氏、澤田哲生氏、野口邦和氏なと、多くの原子力関係者が参加。


第15回研究会
2012年10月25日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
「前回の対話を受けて参加者によるおさらい会」
リスクコミュニケーションとはなにか、あらためて考えてみよう。

第16回研究会
2012年12月10日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1084教室
スピーカー 西條剛央 早稲田大学講師
ダイアローグ研究会メンバーであり、震災後は「ふんばろう東日本」のリーダーとして画期的な支援システムを構築した西條氏に、これまでの体験をふまえて、今後、福島の問題にどう取り組んでいくかを聞く。

第17回ダイアローグ研究会
2013年 5月21日(火)18時30分~21時
場所 明治大学駿河台 リバティタワー9階1093教室
テーマ 「福島第一原発事故以降のデモの変遷について」

司会 小柳 元(ライブハウス「新宿ネイキッドロフト」スタッフ)
   田口ランディ
(登壇者)
平野 悠(ロフトプロジェクト会長)
針谷大輔(民族派義勇軍議長/「右からの脱原発」著者)

第18回ダイアローグ研究会
2013年8月30日(金)31日(土)9月1日(日)
二泊三日です。一泊でも可です。
郡山駅集合、郡山駅解散です。

第19回ダイアローグ研究会
2014年年四月八日 火曜日 午後六時半開場 七時~九時まで。
場所
お茶の水駿河台 明治大学リバティタワー 7階1075教室
テーマ
「原子力と対話 これまでとこれから」
北村正晴・田口ランディ

第21回ダイアローグ研究会
川内村自由大学
2014年8月23日(土)~24日(日)
集合場所 JR東日本郡山駅新幹線中央口
集合時間 11時10分


第22回 ダイアローグ研究会
2014年10月14日(火)18:30開場/19:00開始/21:00終了
テーマ『震災とマンガ~美味しんぼ問題とメディアの在りかた』
お茶の水駿河台 明治大学リバティタワー
ゲストスピーカー
藤本由香里
明治大学国際日本学部教授・マンガ評論家


第23回ダイアローグ研究会
2014年12月16日(火)
「原発事故報道を振り返る―その時メディアと行政は?」
 ゲストスピーカー 南相馬市長 桜井勝延
 司会 田口ランディ
日時 2014年12月16日(火)18時30分開場 19時開始 21時終了
場所 お茶の水 駿河台明治大学リバティタワー 1095教室(9階)
by flammableskirt | 2015-05-14 20:20
c0082534_11314438.jpg


一人ひとりの個性を大事にする会
色えんぴつ主催

心のすこやかケア講演会第四回
不登校と上手に向き合うためには?

最近、不登校の子供たちが増えています。 
子供たちが学校に行かなくなると、親は焦ります。 
なぜ? どうして? なにが悪かったの? 
と、原因探しを始めます。 
でも、不登校のわけはさまざま。 
子供の個性もさまざま。親の個性もさまざま。
 先生も、学校もさまざま。友達もさまざま。 
深刻にならずに、みんな色々なんだと認めることで、 
心が楽になり、自然と悩みも消えていくもの。 
中谷先生の楽しいお話を聞いて、 
心をリラックス、肩の力を抜いてみると、 
見える景色も変わってきますよ。 
お気軽にお越しくださいね。
湯河原色えんぴつ一同

講師 臨床心理士
中谷恭子
なかたにきょうこ 
東北大学教育学部大学院教育心理学科修了後、現在は兵庫県立光風病院地域ケア部に勤務。愛知県立大学大学院非常勤講師(乳幼児支援特論)。発達障害を巡る諸問題に関わっている専門家で、発達障害・精神障害など障害の特徴を的確に捉え、それを当事者と関わる人々に誤解なく伝え、家庭・学校・地域社会等々、その人の暮らしている場所や人との関係をより良いものにしていく活動をしています。 

2015年6月7日(日)
時間:14時~16時 
場所:宮上幼稚園ホール 
参加費:無料

14時~15時 講演 
15時~15時30分 質疑応答 
15時30分~16時 個別の相談にも応じます
お問合せ先 0465-62-3994(宮上幼稚園・担当:井上)
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上184
by flammableskirt | 2015-05-14 11:31
まだまだ未熟ですが、仏の教えをいまの時代にどうじぶんの人生に役立てるか、いまの生き方の指針になっている宗派にとらわれない「仏の教え」をわかりやすいことばでお伝えできたらと考えています。いっしょに考え学んでいきましょうね。

平成27年度 五月祭講演会
講 師: 田口 ランディ 先生(作家)
演 題: 「幸せ」のために仏教ができること
日 時: 平成27年5月16日(土)14:00~16:00

会 場: 東京大学本郷キャンパス工学部1号館15教室(クリックすると地図が表示されます)

平成27年度五月祭講演会は、作家の田口ランディ先生をお招きしてご講演いただきます。

先生は近年、仏教に関する作品を多くご発表なさっているほか、対談集『仏教のコスモロジーを探して』(サンガ、2014年)をご刊行なさっています。

今回の講演会では、「私たちがそれぞれの人生を生きる上で、仏教はどんな助けになるのか」をテーマにお話しいただきます。皆様のご来場をお待ちしております。
(来聴無料、予約不要)

by flammableskirt | 2015-05-04 13:33