田口ランディ Official Blog runday.exblog.jp

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0082534_14565650.jpg
「春の妖怪祭り!大人も子どももみんなで遊ぼう!」
写真はメンバーが予行練習でつくった妖怪のお面、とってもかっこいいです。

「色えんぴつ」
は、神奈川県湯河原町で活動しています。
発達に障害をもっているお子さんを中心に、いろいろな個性の子どもたちと大人が一緒になって、遊び、学んでいく会です。
毎年、サマースクールや講演会など開催し、たくさんの人たちにご参加いただいています。
発達障害のお子さんをもつご家族にぜひお伝えくださいね。健常のお子さんも参加できますよ。
好評につき、今年は春の日帰りクールを企画しました。
湯河原在住の音楽家・巻上公一さん、同じく湯河原在住の作家・田口ランディがワークショップをします。工作指導は宮上幼稚園のゴジラ園長・井上誠先生です。

ぽかぽかの湯河原に遊びにいらっしゃいませ。
帰りは日帰り温泉でのんびりしてくださいね。


「一人ひとりの個性を大事にする会 色えんぴつ」主催
スプリング・スクール2015

春の妖怪祭り
ほうとうを食べて妖怪になろう!

日時 4月19日(日) 
集合11時 終了16時(現地集合・解散です)
ゲスト 巻上公一   へんなミュージシャン
企画  田口ランディ へんな作家

場所:宮上幼稚園
http://miyakami.justhpbs.jp/
参 加 費 : 2000円 (一人あたり)
募集人数:30名
定員になり次第締め切らせていただきますね。
□お申込はメールまたは FAXで!
m.youchien@nifty.com
(FAX) 0465-62-9417
ファックスをお持ちでない方は 宮上幼稚園までお電話ください。
0465-62-3994(担当・井上)
●申込記入事項 代表者氏名、参加人数・氏名年齢 住所、電話番号、FAX番号、
●申込受付締切 3 月末日
●スクール対象年齢
5歳~小学校6年生とその保護者の方
●ボランティアも募集
どなたでもボランティアとしてご参加ください


●昼はみんなでほうとうを食べます
●妖怪のお面を作ります
●巻上公一さんといっしょに、妖怪ダンスを踊ろう!
●妖怪になって、記念写真

スケジュール
● 1 9 日 11 : 00 集 合
11:00 自己紹介タイム
12:00 お昼はほうとうを食べます
13:00 ワークショップ (いろんな素材で妖怪のお面をつくります)
14:00 おやつタイム
14:30 巻上公一さんと遊ぼう!
15:30 記念撮影
16:00 解散

3月18日の色えんぴつ定例会で、スプリングスクールの予行練習としてみんなで妖怪のお面をつくりました。いろんな材料を使って、あっという間に妖怪完成。とっても楽しかったです。みなさんも一緒に、妖怪のお面を作って歌って踊りましょうね。お会いするのを妖怪一同、楽しみにしていますよ!

c0082534_2151867.jpg

じゃーん。これは妖怪ランディねずみ。
c0082534_21505776.jpg
く、口から血が……、妖怪ジェイソン?
c0082534_21525443.jpg
ぎゃーーーーー妖怪オペラ座の怪人!!!!!!
c0082534_2153025.jpg

なぜか私がつくるとみんなねずみに……。
c0082534_21545643.jpg

わーりい子はいねーかー。妖怪ナマハゲマン!
c0082534_21541284.jpg

いろんなお面が勢ぞろいです。みんなも一緒に作ろうね。
ご参加お待ちしてまーす!

by flammableskirt | 2015-02-20 22:28

それでだいじょうぶ

わたしの講演会に来てくださる方のなかには、
親子関係がうまくいっていない方、親御さんがアルコール依存やギャンブル依存だったり、
子どものころに親からあまりかまってもらえなかった、あるいは過保護だった、
暴力をふるう親だった……

そういう方が少なからずいて、
「わたしは、家庭環境が悪かったからいま自分が好きになれない」
「家庭が悪かったからうまく生きられない」
……そんなふうにおっしゃるんです。

最近はテレビ番組で、脳の断面図など撮影して、
「問題のある家庭に育った人の脳にはこんな特徴が……」
と、お医者さまが確率論をお話しになり、
それをそのまま放送したりしています。

だから、あ、もしかしたら自分も脳に障害が出てるんじゃないか?
なんて思って不安になる人が増えてしまうのはあたりまえのことだと思います。

もし、子どもの頃に淋しい思い、苦しい思いをした人がこういう言葉を聞いたら、
どう思うかは想像ができます。だから不安になった心をしっかりとフォローするような、
番組づくりが必要なことだなあと思いました。

家庭環境は、千差万別です。
ひとつとして同じ家庭はないのです。
どういう家庭も問題をもっています。人間が集まって暮らしているのだからしょうがないことです。
わたしの父親はアルコール依存症で、たいへんな酒乱でした。
ですから、子どもの頃から親が刃物を振り回して暴れるのを見て育ちました。

そういう親を見て育ったので、逃げ足も速くなったし、
人の顔色を見るのも得意になったし、
暴力はいやだなあ、人を傷つけることをしたらいけないなあと学びました。
親のことをたくさん書いて、本にしていますし、
あの親がいて、騒ぎをたくさん起してくれたので、いろんな経験ができて成長して、
いまがあるんだな、と思います。

じぶんが親になってみて思うのは、
「あら、親ってこんなにバカだったのか……」ということです。

子どもの時って、親って大人だから絶対だって思っているし、
親の言うことは正しいから、聞かなければいけないって教えられるでしょう。

でも、年をとったからって人間が上出来になるわけじゃあないのね。
それは自分が親になってからしみじみ思う。
ほんとうに、すぐ子ども相手にカッとなるし、いばるし、
しつけとか言って憂さ晴らししようとするし、
堪え性がないし、傲慢だし、
人間が出来ていないことが子育てで露呈しちゃうんです。

ですから、わたしの親も、同じように人間が出来ていなかったんですね。
悩みばっかりで、しかもその悩みに振り回されて、
さっぱり幸せな気持ちになれず、
お酒で淋しさをまぎらわせていたんでしょう。

子どもの頃、わたしには理想の父親像がありました。
お酒を飲まない、怒らない、優しいお父さんです。
そういうお父さんだったら、どんなにいいだろうなあって思っていましたけれど、
そういうお父さんからわたしは生まれていないわけですね(笑)

親は、変わりませんから。
でも、じぶんは変えられますから。
親がいやなら、親と同じようにならないと決めて生きればいいのです。
これがまた、あんがいと難しくて、

親が酒乱だったのに、懲りもせず
わたしはお酒が大好きで、
若い頃にはさんざん飲んで、恥ずかしいこと
いっぱいしでかしました。
あんなにお酒ってやだなーと思っていたのにな。
ま、人生ってそんなもんです。

育った環境とか、家族がいいとか悪いとか、
ほんとうに関係ないですよ。
いまはきっぱりそう言い切れます。

じぶん、くじけやすい。
じぶん、すぐ、かなしくなっちゃう。
じぶん、すぐ気力萎えちゃう。

そういうのって、癖になってるんですよね。
くじけ癖
かなしみ癖
萎え癖
なくて七癖って言いますけど、癖ってほんとうにたちが悪いの。

笑い癖
楽しみ癖
勢い癖
癖を変えていくだけのことです。
簡単なんですよ。なにがあっても笑っていればいいの。

笑いって、灯ですからね。
自分の顔に灯がともると、自分もうれしいし、
周りの人だってうれしいんです。

うれしいこと、積み重ねていくとね、
うれしい気分になっていく
理屈じゃなくて、行為を積み重ねていくしかない。
そういうものなんですよね。
生きていくって。
それを、やれたか、やれないかだけ。
脳の形なんて、変わるんですよ。
おできだって、蕁麻疹だって、出てもひっこむでしょう。
太ったり、やせたりするでしょう。
体って、いくらだって変わるんです。
心も、いくらだって変わるんです。

心配しなくても、だいじょうぶなんですよ。
どんな家庭に育っても、
幸せになれます。
そういうことは、幸せとか平安と、
ほんとうはなにも関係ないんだよ、って、
たくさんの人が証明してます。

だいたいね、いい仕事する人って苦労人じゃないですか。
たいへんだったぶん、人の気持ちがわかるから、
優しい人になれるんです。

あんまり、テレビの言うことを信じないで、
じぶんのこと信じてください。
じぶんの人生をどうにかできるのは、
じぶんだけだし
じぶんが元気になること、じぶんの気持ちがパッと明るくなること
そういうことを選んで、じぶんの周りに置いて
じぶんのこと楽しませてあげて、
じぶんに栄養つけて、
それで、笑ってください。
それで、だいじょうぶなんです。
by flammableskirt | 2015-02-14 11:23
この春にひとり立ちする娘に、伝えておきたいことをtweetしていたら、
たくさんの方が読んでくださって、
まとめのページまで作っていただきました。
手間と時間をかけてわたしのことばをまとめてくださってほんとうにありがたいです。
もし、ご興味がある方は、こちらで読めます。

http://togetter.com/li/770650

このtweetは、断続的に続けているのですが、
晶文社の編集者さんが、本にまとめてくださることになりました。
tweetを本にするのは初めてです。

小さな日々のつぶやきも、育てば花を咲かせるんだなあ。

もともと、私がデビューしたのはインターネットのメールマガジンに、
文章を綴っていたことがきっかけ。
たった一人だった読者が、十万人にまで増えて、
その人たちに支えられて作家になったことを思うと、

昔も、今も、
誰かのために……と、伝えようとしたことばは、
ことばの力で広がっていくのだなあ……と、
初心に戻って、とても清々しい気持ちになりました。

これからじぶんが何を書き続けていくのか、
確認するきっかけを、与えてくれたのは、
私の知らない、たくさんの、フォロワーの方たちでした。
ほんとうに、フォローされてるなあ……って思います。
by flammableskirt | 2015-02-14 10:48

立春の満月です。

旧暦の新年ということで、遅ればせながら「明けましておめでとうございます」
エア・メール風のスキンに変更したらわくわくしてきて、タイトルも変えてみました。
誰が読んでくださるのかわからないけれど、見知らぬ方へ。来てくれてありがとう。読んでくれてありがとう。あなたの幸せを祈ってますよ、って、そんな気持ちです。

今日は立春なんですよ。2月って中途半端に短くて、寒くて、目立たない月だけれど、2月は春を待つ月。2月はもう春をはらんでいるんですよね。2月ってとても好きです。冬とも2月でお別れ。冬好きなので、この寒さも愛おしいです。寒いときの温かい飲み物や、ぬくぬくしたお布団のうれしさはひとしおだもの。

今日は満月です。夜の月を見に外に出てみようと思っています。この季節、空がすばらしくきれいです。月の光で青々とした風景は幻想的。満月だから海辺まで出てみようと思う。あんまり風がないから、海に入ってみようと思う。変ですかね? うん、変なんだよな。でも、立春の満月だからちょっとくらい変なことしてもいいかなって思って。

ちょっとだけ、ふだんと違うことをして、自分の季節をつくっていくのも楽しいですよね。
さてさて、
c0082534_18414611.jpg
どんな変なことしますか?
by flammableskirt | 2015-02-04 18:41