田口ランディ Official Blog runday.exblog.jp

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

二〇一四年も、はや一週間が過ぎました。
遅ればせながら明けましておめでとうございます。

お正月は家族とのんびり過ごしました。
今年から、我が家に新しく加わったものがいくつかあります。
まず、ハムスターのテトとトト。
夜の間中、ずっと回し車でくるくる動いています。
これだけ動き回れば、早死にだろうと、納得です。

そしてもう一つ。
我が家に登場したのが「高濃度酸素濃縮器O2パラダイス」というもの。
c0082534_10391417.jpg

卓上型で、見た目は加湿器くらいの大きさ。
電源を入れると、空気を吸い込んで高濃度酸素に変換し供給してくれるというもの。
よくスポーツマンの人が怪我をしたときに酸素タンクに入ってリハビリしたりするじゃないですか。
あんな感じで酸素を吸入できる家庭用のものだそうです。
うちでは、リビングに設置して、家族がテレビを観ながら試せるようにしました。
c0082534_10394026.jpg

夫や娘は「なにこれ? 酸素? 空気を酸素にするの? すごーい!」
というわけで、お正月の間、テレビを観ながらかわりばんこに酸素吸入?

それぞれの使用の感想は、
夫「眠くなる」
娘「なんとなくすかっとするような」
私「よく眠れる」

一番使用した私は寝る前に酸素を吸うと「よく眠れる」というのが最大の実感
なぜかな? たぶん脳内の血流がよくなるからでしょうか。
あと、酸素を吸った後は体がぽかぽかしてくるんですよね。代謝がよくなるからかな。
特に冷えがちな下半身があったかあくなってくるからよく眠れるのかな。
なんにせよ、仕事柄、睡眠障害があり忙しくなるとデパスのお世話になっている私としては、
よく眠れるとうのはほんとうにありがたいのでした。

パンフレットによると、加齢がすすむととも肺活量が減り、空気が吸えなくなるとか。
私も40代になって気功や太極拳など、ゆっくりと動きたくさん息を吸うという運動を始めたのは、仕事で座りっぱなしてパソコンに向うんで、酸素不足になりがちだからなんですよね。
執筆に専念してくると、息を吸うのとかまばたきとか忘れちゃうことがあり、ドライアイで目が見えなくなったりするし……。若い頃は何時間でも執筆できたのだけれど、さすがに最近は疲れてしまう。

あまり運動したり、外に出れないお年よりの方には、こういう酸素発生器があってもいいかもしれないなあ、と思いました。とはいえ、我が家は祖父母がすでに亡くなってしまっているので、試せなくて残念。

ただ、娘曰く「冬は酸素が鼻に当たって、すうすうして寒い」とのこと。
たしかに、ノズルのようなもので鼻に酸素を当てるのですが、冬だと酸素が寒いです(笑)
「これは布団の中にもちこんで、布団をすっぽりかぶって吸えばいいんだよ。そうすれば酸素カプセルと同じだ」と、娘と二人でベッドの中に引き込んで布団をすっぽりかぶって吸ってみたのですが、なんだか遭難している人みたいでした(笑) 二人で吸うにはちょっと酸素量が足りないかも。
ずーはー、ずーはーと競い合って出てくる酸素を吸っていたら、なんだかハイになってしまいました。

もう少し継続的に使ったら、なにか変化があるのかなあ。
執筆しても安眠剤なしで眠れるのは、とってもうれしいです。
今年はたくさん書けるといいな。
by flammableskirt | 2014-01-06 10:43