田口ランディ Official Blog runday.exblog.jp

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジャンルという呪縛

「サンカーラ」の連載を始めたとき、まず問われたのが「これはエッセイですか? それとも小説ですか?」ということだった。いま、文章は細かくジャンルに分けられてしまう。かつてはそうでもなかった。もっとあいまいなゆるいくくりしかなかった……。文壇という場を離れてしまえば、実際のところジャンルという線引きは無意味化し、コンテンツは自由に創造の庭に繁茂している。文壇という場は「花壇」のようなもので、自由な繁茂に対して囲いのある人工的な場所だと思える。そこでは、何科に属する花であるかが重要らしい。

私はもともと、インターネットという、コンテンツのジャングルのような場所から飛び出して来た書き手であるので、ジャンルというものがよくわからない。一番最初についた名前は「ネットコラムニスト」だった。小説を書くまえ……、メールマガジンを出していたころそういう肩書きで紹介されるようになった……。小説だろうと、エッセイだろうと、コラムだろうと、私から出てきたものだから、私の作品であるという以外に私の中ではくくりがなく、書きたいことを書きたいように書いてきた。

小説が売れてからは、「小説を書いてください」と言われることが多くなった。「エッセイは売れないんですよ」とはっきり言う人もいる。
エッセイを書いているつもりはなかったが、自分の身辺のことを書くとエッセイと呼ばれるらしい。それで、時々肩書きに「エッセイスト」と書かれていることもあり、そうなのか、私ってエッセイストなのか? と、最初の頃は思ったりしたのだが、どうにもこの呼び名は居心地が悪い。

かといって、小説家……というのも、なんだか違う気がする。なので、いまは「作家」と名乗っている。アーティストも作家だし、陶芸家も作家だし、作家は間口の広い言葉だ。ものを創造する人間はみんな作家だろう。私が文章を書けば、書いたものが作品である。それが、小説なのか、エッセイなのか決めるのは、いつも外側の人たちだった。

「サンカーラ」は、エッセイ集ではない。連載は小説というくくりの中でしていた。どちらかと言えば私小説に近いような感じで書いている。でも、読者は「自分のことを書いているし、事実みたいだからこれはエッセイだろう」と思うだろうし、それはそれでいいのかもしれない。

ジャンルに分けられてしまう……ことの窮屈さは、作家になって初めて体験したことだ。そして、きっと、私より先に作家として生きている人たちみんなが、なにかしら感じていることかもしれない。自由な文章表現をしようと思えば、ボーダレスにならざるえない。詩とはなにか、小説とはなにか、エッセイとはなにか……というような、明確な線引きをすることになにか意味と価値があるのだろうか。

先日、詩人の吉増剛造さんと、青森県の三内丸山遺跡にある大型竪穴式縄文住居で対談をさせていただいた。吉増さんは、大きなスケッチブックのような冊子を携えて現われた。それはひと抱えもあり、重かった。しかも、それを肩身離さず持ち歩いている。
「これはなんですか?」と聞くと、作品だ……と言う。

吉増さんは、毎日なにかを書いている。朝起きて、午前中が執筆に集中する時間らしく、午前中は誰とも会わない。そしてこの緑色の大きなバインダーのなかには、特注の用紙に書きつけられた吉増さんの作品が、たくさんはさまっていた。
「ぼくはね、これはぜったい、編集者にはわたさないの。一部くらい原寸で印刷してもいいかなと思うけどね」
書いたものを編集者に渡さない……ということは、誰も読めないじゃないかと思う。商業作品を書いている私から見れば驚くべきことだ……。
「誰にも読ませない、自分のための作品を書き続けるようなことができなければ、表現は死んでしまいますよ。自分だけのために毎日書くの。そういうことを習慣にしてしまうんです。ジャンルだとか、なんだとか、そういうことはほんとうにくだらないつまらないことだね。どうでもいいんですよ……、それが、まったくわかっていないね」

そして、吉増さんは「今日はランディが、雷の話しをしたので、ぼくは雷の詩を書いたことがあるから、それを朗読してみようと思う……」とおっしゃり、バインダーを開くと、ぶわっと手品のように手書きの作品が溢れ出してきた。吉増さんの文字や、詩に塗られた色や、汚れや、皺や、そういうものもすべてひっくるめて、それは「吉増剛造」という作品で、存在の一部で、まるで魔法がかかった書物のように、はらはらと紙がめくれていった。

取り出した一枚を、「あった、あったこれだ……」と指先でつまみ出した吉増さんは、魔法学校の先生のようだった……。ああ、わたしはいま魔法を見ているんだと思った。そして、吉増さんは、雷の詩を読んだ。たぶん、この世界でこの詩を聞いたのは、そこに居た者だけであり、これからも永遠に、バインダーの中に閉ざされるかもしれない言葉。奇蹟の言葉……。それは、雷の親子の詩だった……。とてもせつない詩だった。

その時、私は自分と吉増さんのどこが決定的に違うのかをはっきりと意識した。私は雷について語ったが、それは私が雷を対象化し、分析し、ジャンルに分けて説明したにすぎない。それは作家のやることではない。吉増さんは違ったのだ。吉増さんは、雷の中に入っていき、自らが雷となろうとし、雷に寄り添い、雷の視点で世界を感じとろうとしていた……。いや、感じとっていたんだ……。

私は、魔法使いの足下にひざまづき、弟子になることを誓った。
そのとき、ジャンルという呪縛は、解かれた……。


サンカーラ: この世の断片をたぐり寄せて

田口 ランディ / 新潮社


by flammableskirt | 2012-10-23 09:12
定員に達しました。ありがとうございました。
c0082534_13353328.jpg
10/31(水)瞑想ナイトvol.1
「ブッダと瞑想の夜」

ゲスト:田口ランディ(特別ゲスト有りかも)
時間:19:00開場 19:30開始
会場:6次元(www.6jigen.com)
参加費:1500円(お茶付き)
予約:件名を「ブッダと瞑想」とし、お名前、参加人数、
お電話番号、を明記の上、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。

万聖節の宵祭りの日、田口ランディさんと「ブッダと瞑想の夜」を開催。
新刊「サンカーラ ―この世の断片をたぐり寄せて」のお話も伺います。


サンカーラ: この世の断片をたぐり寄せて

田口 ランディ / 新潮社


ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ: 原子力を受け入れた日本 (ちくまプリマー新書)

田口 ランディ / 筑摩書房


被爆のマリア

田口 ランディ / 文藝春秋

生きる意味を教えてください-命をめぐる対話

田口 ランディ / バジリコ

寄る辺なき時代の希望―人は死ぬのになぜ生きるのか

田口 ランディ / 春秋社

生きなおすのにもってこいの日

田口 ランディ / バジリコ

聖なる母と透明な僕

田口 ランディ / 青土社


by flammableskirt | 2012-10-19 13:36 | イベントのご案内
新刊についてお知らせします。

「サンカーラ」とは、この世の諸行を意味する。私という意識の経験の蓄積、様々な印象を寄せ集めたモザイク。生きるため身につけてしまった行動や考え方の癖、感情。それらは、いつしか垢のように魂にこびりつき、精神や肉体をも歪める。(本文より)

このような癖や歪みを「カルマ」という言葉で言い表す人もいますが、カルマという言葉には少し抵抗を感じる方も多いようなので、あえて使いませんでした。言葉が消費されてしまうと、言葉がもつ本来の意味から離れてしまい、その言葉がもともと指し示していた深い意味に到達することができなくなるのは、もったいないことだと感じます。

昨年は、この国に蓄積された社会的な癖や歪みが露呈した年でした。そして、社会の歪みのなかに生きている人間も、その歪みに影響されないわけはなく、心や、身体も日々、社会が発する歪んだ言葉、情報に曝されていることを、多くの人がぼんやりと、ことばにはできずとも感じた年だったと思います。

この本は、そのような「歪み」のなかで、自分の背骨をまっすぐにすること、遠くを見るとこ、正しくことばを使うこと、を見失ってしまう苦しさの中で書いたものでした。あえぐような切実さで書いたものでした。多くの人に同じ呼吸の乱れを与えてしまう本であるかもしれませんが、光は満ちています。淡いヴェールのような、光ですが、静かな、ほんとうに静かな希望の光です。

共にこの時代を生きる、たくさんのかたに読んでいただけますように。

サンカーラ: この世の断片をたぐり寄せて

田口 ランディ / 新潮社


by flammableskirt | 2012-10-19 10:26 | 新刊のお知らせ
c0082534_9185422.jpg

10月13日に青森県の小牧野遺跡で「小牧野劇場」が開催されました。これは、縄文の環状列石のある小牧野遺跡をまるごと劇場として、古代のイシガミの祭りを再現しよう!というイベントです。マイクロバスで参加者が参加、小牧野劇場へと案内します。
c0082534_9215440.jpg

森の中で、じぶんの小冊子「黒皮の手帖」を拾います。大嵐が来て、この日はあいにくの雨。開催は難しいかな……と思っていました。
c0082534_924955.jpg

これが今日のパンフレットです。お守りの蛇の皮や、プログラム、遺跡案内、イシガミに関する文献や、イシガミのプロマイド写真……などがセットされています。
c0082534_9255796.jpg

森の中では、片岡康夫さんと、山形淑華さんによるイシガミの写真展も開催。風に揺れる写真が、木ととても煮合っています。子どもたちも参加してくれました。
c0082534_9513379.jpg

c0082534_9533463.jpg

精霊たちも、気持ち良さそうに遊んでいます。
c0082534_9302088.jpg

おお、晴れましたよ。奇蹟のようだ。遺跡を見下ろしながら、イシガミのお話をしました。昔、むかし石が神様になったお話……。
c0082534_9314644.jpg
c0082534_9325022.jpg

詩人の吉増剛造さん、精霊と出会う……。
c0082534_9355649.jpg

c0082534_9485864.jpg

イシガミ降臨
c0082534_9364664.jpg

c0082534_9444442.jpg

荒れ狂う雷神の舞い
c0082534_9373890.jpg

c0082534_9543812.jpg

イシガミ誕生のお祝いの舞いを躍る獅子神
c0082534_9391030.jpg

喜び跳ねる人間ども
c0082534_9402380.jpg

c0082534_9573541.jpg

c0082534_9591891.jpg

さあ、祭りのあとの直会です。
c0082534_94181.jpg

c0082534_9474465.jpg

きらきらすすきの下のほうに、小さな光の輪……。
みなさんも、青森縄文遺跡に遊びに来てくださいね。ほんとうにすてきなところです。
写真提供  片岡康夫
by flammableskirt | 2012-10-18 09:49