田口ランディ Official Blog runday.exblog.jp

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 福島県川内村から戻った翌日、友人の医師で今年から在宅医療の医院を開業した新城拓也先生と、医学書院の編集者・杉本さんと共に「尊厳死の法制化を認めない市民の会」に出席する。
 「尊厳死の法制化」を求めているのは、日本尊厳死協会というところで、今国会には法律案が2案提出されているのだけれど、その内容や法制化を求める経緯などがよくわからなかったため、勉強も兼ねて出席してみた。新城先生から誘われて軽い気持ちで出かけたのだが、司会の方から指命されて意見を述べる時間をもらった。
 私は「苦しい延命治療にノーと言う」自由を認めることには賛成なのである。ただ、それを「法律」として医療現場で適用する……ということに関しては反対なのだった。
 一人の人間が死んでいく過程は、ほんとうに個別で、その人の人生そのものなのである。だから、誰かと比べてどうとか、あの人がこうだったからこの人も同じとか、そういう他者との比較がまるでできない領域なのであり、同じ死は一つとして存在しないことを痛感しているからだ。個々がそれぞれに違うように死に方もそれぞれに違う。看取る側の人間はその個別性とつきあうことを通して、なぜか「自分も他者も唯一無二という点において同じである」という普遍性のようなものを学んでいく。不思議なことだが、違うから同じ……なのであり、この「違う」ということが痛感できて初めて「人と自分はつながれる」と感じる、それが私の体験だった。そこに「法律」というものが介入してしまうことで、この体験が損なわれるのを危惧する。他者の死は、生きている人間に「生きることの真実」を教えてくれる大事な機会だからだ……。
 終末期の死の問題はもちろん議論されて良い。でも、この法案は唐突であり、この法案がもし通ってしまった場合、医療現場はかえって混乱するだろうと予想する。専門性でもって縦割りになっている今の日本の医療現場には、連携医療というシステムがまだ一般的ではなく、そのため医師も孤立しており、多様な疾患を抱える患者との良い治療関係を作るのが難しい情況だからだ。患者が複数の病気を抱えた場合には、病院を追い出されてしまうことも多い。また、人口に比して病院数の少ない地域も多く、こんな情況で、救急医療体制もガタガタの状態の現場に「複数の医師の判断で治療を止めてもよい」というような法律を持ち込むことは、あまりに時期尚早に思える。この法案の前提となっているのは「患者(家族)と治療者が了解しあえる関係」という環境であるのに、その環境が現場に整っていないケースのほうが多いからだ。
 医療の現場に相互信頼と柔軟性を取り戻してから、尊厳死の問題の議論に入るならわかるが、今のような医療システム崩壊寸前の状態で、尊厳死を法制化しても現場はかえって混乱してしまうだろう。

 集会には、大野更紗さんはじめ、難病の方たちもたくさん参加していた。会場は車イスで溢れ、ふだんの会見とは違う雰囲気で、この問題に切実に思いを寄せているのは、自分の生命維持のために日常的に医療者と関わらなければならない人たちなのだということを痛感した。言葉によって意思疎通ができないような情況になったとき「複数の医師の判断で治療を中止」されてはたまらない、と切実に思っている人たち。その切実さは、私とはまるで違うのだ。以前にHIV患者である友人に聞いたことがある。
「俺たちは、生まれた時から医者の世話になって、医者に命を託して生きてきたから、医者には恋をしているような感情をもっている。その医者を好きにならないとやっていかれない。だから、どんなに理不尽であっても耐えてしまうようなところがあるんだ……」
 恋をしている……と言われて、はっとしたことを覚えている。そうなのか……と。でも、そうだろう。自分の命を人にゆだねてしまわざるえないのだから、依存してもしょうがないではないか。
 でも医師の側は違う。医師にとって患者はいつも「多くのなかの一人」でしかない。そういうものであり、そうであるべきなのだが、だからこそ医師と患者の間には時間をかけた話しあいが必要なのだ。暗黙の了解では恐ろしすぎる。

 老人病棟と呼ばれる場所に、点滴で生かされている生活保護の老齢の患者さんたちを取材したことがある。囲いもない病室にベッドが並べられ、寝たきりの状態で毎日点滴を打たれて生きている。話すこともできない……というよりも、話す気力がないような雰囲気だった。部屋の中はおむつからもれた尿の匂いが充満し、正直「姥棄て山」という言葉が浮かんだ。
「ずっと、このままで死んでいかれるんですか?」
 と、私が聞くと、病院のスタッフは
「この人たちは病院に入院しているだけマシです。自宅で孤独死する人も多いんですからね」
 生活保護を受けていた場合、そのお金が入院費にあてがわれるので、病院は取りっぱぐれがないから受け入れるのだ……という話も聞いた。政府は生活保護の予算を削減する方針だから、これからは自宅で一人で死んでいくご老人が増えるのだろうか……。尊厳死という言葉が空疎に思える。まずは「生きる尊厳」だろう。尊厳ある生の延長に死があればいいだけじゃないか。
 でも、尊厳ある生とは人から与えられるものだろうか。それは……私の裡に自ら築くものではないか……。私のなかの貴さは、他者の貴さと等しい。魂に流れているエネルギーは循環している。

 「日本尊厳死協会」は、前身が「日本安楽死協会」。その設立者は太田典礼という産婦人科医だということを新城先生から伺った。この医師は後に日本社会党から立候補して議員となり優生保護法の制定に尽力した(この時代の優生保護法とは、優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する……というもの)。日本が人工中絶大国で、高校生でも中絶できてしまうのは太田典礼のおかげ……と言えるかもしれない。
「太田典礼はおもしろい人物ですよ、田口さん調べてみてくださいよ」
 そう言われて、太田典礼について調べていくうちに、この人が一九六〇年代から七〇年代に、現代の高齢化社会を見越したように老人問題について語っていることに驚いた。
 現代であれば、このような意見を述べることすら難しいだろうけれども、この時代はおおらかだったのだなと思う。
「……ただ長生きしているから、めでたい、うやまえとする敬老会主義には賛成しかねる。 ……ドライないい方をすれば、もはや社会的に活動もできず、何の役にも立たなくなって生きているのは、社会的罪悪であり、その報いが、孤独である、と私は思う。」(太田典礼 思想の科学/老人と孤独より)
 晩年に太田典礼は小説を書く。「老人島」という奇妙な小説らしい。私はまだこの小説を読んでいないのでコメントはできない。
 かつて、日本には優生思想(優れた遺伝子を残し、不良な子孫の出生を抑制する)があったことを、久しぶりに思いだした。
 科学技術の進歩とともに遺伝子の解明が進み、病気の原因となる遺伝子が特定されるようになった。海外では受精卵の段階で子どもに親の好みの外見や知力を持たせるデザイナーチャイルドも産まれている。以前にブログで紹介した河原ノリエさんの「いのちのかなしみ 私のカラダの情報は誰のものか」(春秋社)で問われているように、遺伝子を操作できることが、逆に人間が遺伝子に操作され始め、人間がどんどん医療情報化されていることを思い返した。

なにかをコントロールしようとした瞬間から、その対象にコントロールされ始める。そのことを忘れてはならない。支配することは、被支配とおなじこと。それはコインの裏と表で、支配する人間は、支配するという欲望にがっぷりと支配されてしまう。コントロールする人間はコントロールされている人間と鏡で映しあっているのであり、決して自由になれない。およそなにかをコントロールしたい、思い通りにしたいと思った瞬間から、人は「本質的な魂」を見失い、ねじれを起こしていくのだ。それが、どんなに正義のためであっても、エゴは自然にとって異物なのである。

「尊厳死法案」について考えているうちに、人間の「自我肥大」に思い至る。私を中心に置いて他をコントロールし、思い通りにしようとする。現代はエゴの時代であり、エコもエゴであり、反原発もエゴであり、原発もエゴであり、尊厳ある死に方をしようとするのもエゴであり、肉体をコントロールして痩せたり太ったりするのもエゴであり、なにもかもがエゴである。思うようにしたいという欲望はすべてエゴの産物であることは間違いない。それが良い悪いではなく、私を中心にしたものの考え方はすべてエゴである。その前提に立って世界を見てみると、世界の風景が変わる。ただ見るだけなのに、それを嫌がる人が多い。自我は中心にいたいのだ。私もそうだ。でも、自我は中心にいなくてもいいのだ。いなくてもなにも変わらない。自我が解けたとき、やっと、世界は緊張を解いて本来の美しさを現す。

 そして、思いは水俣に還るのである。胎児性水俣病が発見された後も、子どもを産まない……という選択をしなかった水俣病患者の人たちの「コントロールしない」という生き方について思うのである。私が水俣から学んだことは、とてつもなく大きかったことを改めて実感する。世代的には遅れて水俣に分け入った。すでに闘争も終わり「いまどき水俣に来る人はめずらしい」と言われた。でも、ほんしつの魂は消えないものだ。魂から私が受けとったものがある。そのことを精いっぱい伝える時が……、来ているのかもしれない。
by flammableskirt | 2012-08-28 10:06
 
 宇梶静江さんから、詩が届きました。
 宇梶さんは、北海道の浦河出身。アイヌ文化の継承者であり、アイヌ解放運動の運動家でもあります。詩人、絵本作家でもあり、昨年は吉川英治文化賞を受賞なさいました。
 私は宇梶さんとは面識がないのですが、昨年、友人からファックスされた「大地」という詩をブログに紹介したことがきっかけでお知り合いになりました。

 今回の詩は、昨日、私が福島県川内村から戻って受けとりました。
 川内村では、友人の案内で村民の方たちに夕ご飯をご馳走になり、いっしょにお酒を飲んだり、とりたての野菜をいただいてお話しを伺ったり、温泉に入ったりと楽しく過ごしました。下川内は三十キロ圏内を含むため、3.11直後は町内にバリケードが作られ、行政機能も郡山に移転していました。いまは一部の地域を除いて、生活ができるようになりました。放射線量はとても低い地域なのですが、帰村しない住民の方も多く、そのほとんどは子どもを育てている人たちで、子どもたちへの放射線の影響を案じているのです。いまもお米を作ることが禁じられていますが、合鴨農法で稲を育てている農家の方とお会いして、自然と共に生きる苦渋の決断、決意を伺ってきました。昨年の玄米には放射線はゼロ……。検出されませんでしたが、まだ稲作が許可されていない現実を「文句を言っても始まらん。農業を続けて、結果を出して、進んでいく」と語っていました。「作って、検査を受けて、結果を積み重ねていかねば……」と。

 この地域は、日本でも数少ない「湧き水」を生活用水としている土地で、地下の深いところから染みだしてくる水は浄化せずにそのまま飲めて、放射線は検出されません。ほんとうに冷たくておいしい水で、農業用水路にまでイワナが上がってくると言っていました。
 モリアオガエルの生息地であり、この土地を愛した草野心平が夏の間はずっと過ごしていたそうです。
 そんな川内村から戻って来た日に、この詩が届いていたのでした。
 北海道浦河の大自然のなかで育った宇梶さんを、川内村に案内したいなあと思いました。

 山に登れば原発が肉眼で見える場所にあって、あの土地の地下水は美しく冷たく、稲からは放射能が検出されない現実を見たら、なにを感じられるだろうかと。
 もちろん、現実は多様であり、川内村のなかにも線量の高い土地もあり、川内村よりも原発から遠い場所に放射能の雨が降り、いまもまだ人が帰れない土地がたくさんあります。
 風や水の流れに沿って人は生き、暮らしているのであり、この大自然のなかで私たちはひとつながりの命です。線引きなど不可能なのです。山があり、谷があり、森があり、池があり、そこに流れる水があり、霧があり、風があり、その自然の流れといっしょに放射線を出す粒子は動き続けているのですから……。
 もはや、安全も危険もない、ただ、水と大気の大循環によってひとつながりであること。日本全土が被曝した……という視点に立って、医療、農業、これからのことを考えていけばいいのではないか。
 この現実を受け止め、与えられた場所で試行錯誤しながら、結果を積み重ねていくこと……、そういう粘り強い生活者として自然と共生きること……それが、これからの自分の生き方だと思えてきました。


 

        “遠い昔に見た夢を 思い出させる雨上がり”
   宇梶静江

  時の流れが早すぎて  思いとどめる間などなく
  過ぎ去って来た日々
  急ぎ足であるいた青春を思い出させる雨上がり
  黒髪をなびかせ見た夢は  七色の虹ににて美しく
  未来にたくした幸せを思い出しつつ
  白髪の今は  また  はげしくゆらぐ  時の流れの中にいて
  ただ思うのは  ただ思うのは  平和であれと  そればかり
  あの遠い昔にみた夢をふところに  ただ ただ そればかり
  あの遠い昔にみた夢を  ふところに  ただ ただ  平和よ
  平和だよ  幸せだよと  愛は力だよと  こぶしをふるわせ  さけびつつ
  原発阻止の 輪の中にいて




c0082534_1032464.jpg

c0082534_12283215.jpg

おいしい湧き水と合鴨によって作られた自然農法のお米。昨年のお米から放射線は検出されませんでした。検査結果の書類も見せてもらいました。このお米を収穫しても出荷はできません(国からは作ってはいけないと言われているのです)。でも、それでもお米を作り続け、結果を見せて、そして進んでいくしかない……という秋本さんの言葉、強かったです……。

c0082534_1035758.jpg

「今年のは甘くねえよ」と言われたけど、うそ〜!とっても甘いともうもろこしだった。畑でトマトをもぎってその場でいただきました。甘くておいしい〜。おみやげにきゅうりもたくさんもらいましたよ。朝はきゅうりのみそ汁を作りました。

c0082534_12313239.jpg

明治大学の若い人たちと、おいしいお蕎麦をいただきました。水がおいしいから、お蕎麦の味も格別です。
c0082534_1042459.jpg

丘の上から肉眼で見た福島第一原発。いまも……外壁が壊れたまんま。これも現実なんだなあ……。

ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ: 原子力を受け入れた日本 (ちくまプリマー新書)

田口 ランディ / 筑摩書房


すべてを明日の糧として―今こそ、アイヌの知恵と勇気を

宇梶 静江 / 清流出版


by flammableskirt | 2012-08-27 10:25
9月3日(月)
第11回ダイアローグ研究会のお知らせ


多数のお問い合わせありがとうございます。参加受付は8月21日18時で締め切らせていただきます。

ダイアローグ研究会は作家田口ランディと北村正晴東北大学名誉教授が中心となって2010年10月に発足した「対話のための研究会」です。
この研究会は「困難な社会的な問題においていかに対話を成立させうるか」というテーマのもとに、主に原子力問題をテーマに対話のありかたについて考えてまいりました。
2011年に福島第一原発事故が起こり、以降はより多角的にさまざまなゲストスピーカーをお迎えして原発の問題を中心に具体的に対話を重ねてまいりました。

今年は、より深い対話を行うために、一般公開せずにクローズドで開催してきました。それによって参加者同士の交流も生まれ、隔月の会合が毎月になるなど、参加者との一体感が生まれてきました。
8月25日〜は参加者による福島へのスタディツアーが行われます。学生、社会人、学者、メディア関係者が相互交流し、新しい流れが生まれています。

この研究会も、もうすぐ丸2年を迎えます。
のべにして400人以上の参加者を得て原子力の問題に関する真摯な対話を重ねてまいりました。
九月の研究会開催にあたり会をより創造的にするための新しい参加者を募ります

参加者枠の空きは20名です。
申し込みは先着順で締め切らせていただきます。

9月のダイアローグ研究会は9月3日です。
以下に詳細をご連絡しますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

第11回ダイアローグ研究会

日時:9月3日(月)午後6時開場 6時半開始

(お仕事のある方は遅れて入場しても大丈夫です)
場所/明治大学リバティタワー1076教室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1

テーマ
「汚染と生命倫理」
 スピーカー 東京大学宗教学 島薗進

東大で死生学を展開している宗教学者の島薗進先生に、生命倫理の観点から原発……特に放射線被曝の影響をどうお考えになっているか語っていただきます。

■新規参加者募集定員 20名
(申し訳ありませんが先着順で締め切らせていただきます)

■参加申し込み方法
名前・メールアドレス(PCアドレスがある方はそちらを優先してください)
電話番号
終了後の懇親会の参加希望
を明記の上
以下にメールでお申し込みください。
randieta1003@gmail.com



■研究会の進行方法
ゲストから40分の問題提起
その後1時間半のディスカッション
北村正晴(リスクマネジメント) 竹内整一(倫理学)のお二人を交えて自由に対話をしていただきます。進行はメンバーの田中宏和さん。
参加者からも自由に発言していただきます。
終了後にはゲストも交えての懇親会があります。
 
島薗先生は原発事故後、たいへん積極的にtwitterなどで意見表明をなさっています。
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部宗教学科教授であり、東大に「死生学」を立ち上げ、国の生命倫理委員会にも参加されていました。最先端科学における生命倫理のあり方について大変深い考えをおもちです。なかなかお話を聞く機会のない方なのでぜひご参加くださいね。
 
 では、秋のダイアローグ研究会でお会いするのを楽しみにしています。

 
田口ランディ

※この研究会は原子力問題を考える研究会ではありません。原子力という課題で「どのように対話をしたらいいのか、そもそも対話とはなんなのか?」を考え、実践するための研究会です。
参加者層は非常に幅広く、会社にお勤めの方、大学生、高校生、ジャーナリスト、主婦、大学教授、いろいろな分野の専門家から、NPOに携わる方、……さまざまで、おおむね継続的に参加されています。男女比もほぼ半々です。じっくり、ゆっくり、話しあうことを目指している会なので、初めての方でも安心してご参加ください。
by flammableskirt | 2012-08-20 14:06
長崎から戻ってきました。カフェ豆ちゃんでの夜、水辺の森音楽祭での友人たちとの再会。とてもよい旅でした。戻ったらうれしい便りが届いていました。9月1日の木崎湖畔での「原始感覚美術祭」の対談を、文化人類学者の今福龍太さんにお願いのお手紙を書いていたのですが、な、なんと!今福さんが来てくださるとのこと。

手紙をお送りしたのは長崎に発つ日。急なことだったので期待せず「お願いだけしてみよう……」という気持ちだったのですが、ほんとうにうれしいです。木崎湖で、尊敬する今福龍太さんとアニミズムについて、メキシコのシャーマニズムについて、これからの世界について、詩について、ことばについて、魂について、語り合うことができたら、私にとって今年最大にして最高のイベントになりそう。

今福さんは、例年行っている奄美大島での奄美自由大学のため、2日の朝早くには長野を発つそうです。そんな厳しいスケジュールのなか来ていただけるのはほんとうにありがたく、今からドキドキしてしまいます。
しかも、メキシコのシャーマンのところで出会って以来、交流を続けている和太鼓奏者の石坂亥士さんも、1日には来てくれるとのこと。雪雄子さんの舞踏と石坂亥士さんの太鼓、そして今福龍太さんとの対談。めちゃくちゃ盛りだくさんの9月1日になりました。素晴らしすぎます。夢みたい。神様ありがとうございますです。
というわけで、参加される方のために新宿から直行バスが出ます。定員に限りがありますから、いらっしゃる方はお早めに申し込んでくださいね。

直行往復バスの申し込みはこちら。
http://cosphere.tumblr.com/post/29038982488/9-1-2

原始感覚美術祭のホームページはこちら。
http://primitive-sense-art.nishimarukan.com/

c0082534_20424513.jpg

by flammableskirt | 2012-08-10 20:45
いよいよ明日から長崎に入ります。明日は長崎市内のカフェ豆ちゃんでトークイベントを企画していただいています。小さな内輪の会なのでしみじみと、じっくりと、さいきん考えていること、出会った人のこと、命のこと、自然のこと、たましいのこと、お話したいと思っています。
くわしくはホームページで。
http://d.hatena.ne.jp/cafemame/20120720

by flammableskirt | 2012-08-07 16:57
8月6日の広島に行ってきました。今回はNHKの番組のゲストを依頼され、原爆ドーム前の生放送に出演しました。意見を求められたのは、広島の原爆と福島の原発のこと。この二つを作品としていて語れる……ということで呼ばれたようです。

いま、広島市は国に対して「黒い雨が降った地域の認定範囲拡大」を求めています。国が認めている認定範囲はとても狭い。現実にはもっと広範囲に黒い雨が降り、その雨を浴びた人たちが被曝して健康を害しています。認定範囲で黒い雨を浴びた人には医療費が無料になります。でも、認定範囲を少しでもはずれた人たちには補償がありません。黒い雨は広範囲に降りその雨によって健康被害を受けている人たちを救済してほしい……。広島市の調査を国は「科学的合理的根拠がない」として認定範囲拡大は実現しませんでした。原爆による被曝の補償ですらいまだこのような現状なのです。

認定……という問題は、これから福島第一原発の被曝と健康被害においても表面化してくるでしょう。水俣病の認定の時もそうですが、認定範囲が政府の都合で拡大したり縮小したりするのはすべて「財源」がないからなのです。限られた予算の中で補償を行うので、財源がなければ認定範囲を狭くしてしまいます。科学的証明はそのいい訳としていかようにも都合のよいように解釈されてしまいます。水俣病の認定も、加害企業であるチッソの経営が悪化するといきなり難しくなりました。いまも多くの人が認定を待ちながら亡くなっているのです。

広範囲に国民の健康被害を引き起こす事故や事件が起きたときに、補償はいつも「財源」によって規定されてしまいます。でも、国の役割とは国民の生命の安全を第一に守ることではなかったのか……と、この国の有り方に疑問をもちます。原発事故には保険がかけられません。どのような保険会社も原発事故に対する保障はしません。それは、リスクが高すぎて保障できないからです。だとすれば、国が政策として原発をすすめるのであれば、事故が起こった時の被害者に対する補償の財源を確保して運用しなければならないし、もし、財源で保障できないのであれば「国民の生命」をないがしろにしているのだと思います。被曝の認定、水俣病の認定……歴史的にずっと同じことを繰り返すのはもうやめなければいけない。命の補償を財源でまかなえないことはやってはいけないのです。

原発による放射線被曝に関していえば、私はもう認定という制度では解決できないと感じています。あまりに広範囲だからです。これからの時代には、国民全員が被曝したという考え方に立って、新しい健康と医療のあり方を創造していかなければならない。どこの誰が被曝した、どこが安全でどこが危険……などという二項対立で議論をしている場合ではなく、この国土全域が被曝し、この国の全員がなんらかのリスクを負った……という、そういう認識に立って、福祉制度、医療制度も含めて改革していかなければ、ずっとずっと同じような「線引き」による人命無視が続いていくように感じます。

c0082534_13223029.jpg

原爆ドーム前。夕方5時ですがまだ陽射しが強かった。
c0082534_13224698.jpg

生中継でもろに直射日光を浴びました。目が焼けて痛い……。
c0082534_13225819.jpg

夜になると灯籠流しが始まります。いつものハチロクの広島の風景。今年はあげ潮だったので、灯籠は海ではなく川上に流れていきました。
c0082534_13232177.jpg

元安橋を渡って通り一本裏に入ると、人は誰もいません。ここが爆心地なのですが、訪れる人はいません。
c0082534_13234322.jpg

通りを外れるとこんな人だかり……。ライトアップされた原爆ドームと、真っ暗な爆心地は目と鼻の先にあります。
c0082534_13283186.jpg

いつも複雑な気持ちになります。被曝の歴史を語り継ぐと言うけれど、ここに暮らす人たちにとっては悲惨な歴史的過去よりも、いまの生活を大切にしたいと思うのはあたりまえのこと。広島という街に暮らす人たちにとってのハチロクと、外からやって来て去っていく私とは感覚が違います。同じことが福島にも言えるのでしょう。その土地に暮らす人にとってなにがたいせつなのか……、歴史的事件の継承を考えるときいつも立ち止まってしまいます。
by flammableskirt | 2012-08-07 13:19