田口ランディ Official Blog runday.exblog.jp

作家 田口ランディの新刊・イベント情報・近況をお知らせします。 


by flammableskirt
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:イベントのご案内( 42 )

満席となりました。次回の講座に参加ご希望の方はメールで予約をお願いします。
田口ランディのクリエイティブ・ライティング講座

4月25日スタートの下北沢クラスが募集中です!



作家の田口ランディさんが講師
「クリエイティブ・ライティング」
(文章講座)
東京・下北沢にて開催(駅から五分)
定員25名の少人数クラス
4月25日からスタートの全3回コースで
テーマは「創造的な心を育てる」

c0082534_17195646.jpg

■「どうやったら子どものような創造的な状態になれるか?」ということをお伝えしていきます。
■創作の衝動、他者に伝えようとするパッションを生みだせば、表現はおのずと生まれてきます。

■創造活動全般、アートでも、ビジネスでも、子育てでも「クリエイティブ」な状態にいるための講座です。
■人生が楽しくなり、才能が開花していくには「じぶんの直感」を信じること。
■「クリエイティブな感じ」を体験し、その状態に在るよう意識していきます。

■作家・田口ランディさんから創作実習を受けられるとても貴重な講座です。


【日程】
4月25日(火) 19:15~21:30

 第1回「ことばを体感する」 
・じぶんの感じ方に意識を向ける(感覚を動かす)
・短歌や俳句を味わいながらことばを体感する

5月23日(火) 19:15~21:30
 第2回「直感をつかまえる」
・見ていないものを見つける(世界を正確に見る)
・記憶やイメージを明確に視覚化する
   
    
6月27日(火) 19:15~21:30
 第3回「潜在意識に入る」
・忘れていたことを思いだす(表現をする)
・身近なことを題材に短編小説を書いちゃおう


※講座は、毎回創作実習がございます。
※講座内容は、一部変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。


■参加人数    限定25名
■参加費(全3回)28,000円(税込)


【開催場所】
下北沢のイベントスペース「dii jang(ディージャン)」
東京都世田谷区代沢5-28-17-201
HP diijang.com


【予約方法】
件名は「田口ランディのクリエイティブ講座」と記入。
本文に、
(1)お名前(フルネーム)
(2)フリガナ
(3)当日ご連絡の取れる電話番号(携帯電話など)
(4)ご住所

以上を明記の上
ka2ka2_104@icloud.com
にメールにてご予約ください。

<お願い>
※参加費は事前払いになります。
※定員になり次第、応募締め切らせていただきます。

※お返事はメールを頂いてから土日を除いた3日以内に致しますのでお待ちください。
3日を過ぎてもお返事のない時はお手数ですが、再度ご連絡ください。
※会場に駐車場はございません。
※2週間前までのキャンセルの場合料金の50%、前日・当日の場合料金の100%のキャンセル料がかかります。
ご理解の程、何卒宜しくお願い致します。


■講座企画・進行
勝俣 利彦
c0082534_17214403.jpg

■■■表現の根底には感動がある■■■
田口ランディ


昨年の秋からクリエイティブ・ライティング講座を始めて、受講者の方たちの表現の豊かさ素晴らしさに圧倒されている。それぞれのなかにこんな素晴らしい記憶、感動が眠っていたのか……と。それを一緒に体験できることがうれしくて、もっとみんなのワクワクを引き出したくて、夢中になっているうちに火曜日の夜に始めた講座が、ついに二つになった。

文章は誰でも書ける。日本人はすぐれた文章力をもっている。ミステリーのような小説なら書き方のノウハウを学べるかもしれない。でも、文学、たとえば純文学と呼ばれるものには書き方のノウハウはない。起承転結で物語のプロットを作るなんてとても無理。わたし自身、そんな書き方をしたことは一度もない。

書き続けてきて、一番大事なのは「書きたい」という衝動。なにかが降りてくる状態を維持すること。待つこと。自分の感覚に敏感であること。

表現の頼りになるのは、ひたすら自分。自分がなにを見て何を感じているか。過去の記憶。五感。そしてインスピレーション。表現したい、という衝動は感動を忘れると出てこない。記憶の扉が閉まっていてはなにも呼び出せない。潜在意識にアクセスするためのパスワードを忘れてはダメ。表現が生まれてくる「ベストの状態」を知り、その状態に「自分をもっていく」こと。そうすれば、じぶんのなかから表現は生まれてくる。必ず生まれてくる。この講座を通して確信している。

一緒にわくわくしましょう。

<WEB>クリエイティブ・ライティングについて
これまで受講された方の作品が掲載されています。
http://www.randy.jp/?distinations=cw1




by flammableskirt | 2017-03-05 17:32 | イベントのご案内

c0082534_13362503.jpg
高レベル放射性廃棄物について学ぶツアーを行いました
原発ってめんどっちいしややこしい
なによりじぶんたちが考えてどうにかなるんかい?
スケールデカすぎ、って感じてしまうけど
一緒に考えてみるとほら、そんなに背負い込まなくても
いろんな意見が出し合える
長い道のりです、あせらない、あせらない


2016年から始めたスタディ・ツアーのコーディネイト。昨年は2回、岐阜県の瑞浪、北海道の幌延の放射性廃棄物最終処分実験地」の見学に、そして今年は青森県六ケ所村のPRセンターで再処理工場の説明を聞き、高レベル放射性廃棄物の中間貯蔵施設内を見学してきました。

2016年に、国の政策がもんじゅ廃炉」の方向に転換し、それによって「高速増殖炉もんじゅ」を核とした核燃サイクル事業は、「夢のまた夢」くらいに遠のいています。もちろん、政府はいまでも「高速増殖炉の研究を続ける」と表明していますが再び「もんじゅ」が稼働することはありえませんし、新たに「高速増殖炉の実験炉」をつくるという路線を、すぐに打ちだすことは不可能に思えます。

■日本のエネルギー政策ってどうなるの

現実的に「核燃サイクル事業」は縮小していかざるえないでしょう。再処理工場は来年には、国の安全審査をクリアして稼働するだろうと言われています。高速増殖炉で利用するためのプルトニウムを抽出するための再処理工場、ですが、高速増殖炉の実現が遠のいたいま、再処理が必要なのか。放射性廃棄物は直接処分でいいのではないか、という意見は当然、出てきます。

放射性廃棄物を最終処分するために再処理のメリットはあるのか、ないのか。そのことを考えるために訪ねた六ケ所村でした。「もんじゅ廃炉」の方針が出た今、六ケ所村の情況も変わらざるえないのではないか……。村のひとたちはどう感じているのか、と、六ヶ所村の方たちとのダイアローグも、午後6時〜9時近くまで、その後は夕食を食べながらのお酒の席で、と続きました。
c0082534_12513415.jpg
■「もんじゅ」ってなぜ廃炉になったの?


「もんじゅってなに?」という方のために、ほんとうにざっくりと説明をします。もんじゅは、増殖炉っていう名前の通り、プルトニウムを増殖させてしまおうというすごい研究のためにつくられた実験炉です。だから国の管轄です。民間の電力会社が使っている原発というのは、濃縮ウランを原料にして、人工的に核分裂を起こし、そのとき発生する熱を電気エネルギーに変えて利用しています。

もんじゅは、構造はふつうの原発と同じなんだけれど、「高速」の中性子を利用して原発から出たプルトニウムを再利用し、さらに増殖させてエネルギーにしようという、一石二鳥のような夢の実験計画だったのです。だから、「もんじゅ」の中では、プルトニウム原料を囲うようにウラン238が置かれています。なぜかというと、ウラン238は中性子を吸収してウラン239に変わる性質があるから。

ふつうの原発は、ウランやプルトニウムの核分裂で飛び出した中性子(2~3個が出る)のうち1個だけが次のウランにぶつかって核分裂の連鎖が起こって熱が出る仕組み。「もんじゅ」は中性子の一つを連鎖に使い、もう一つの中性子を周りのウラン239に吸収させようってわけ。するとプルトニウム燃料が燃えているのと同時にさらに新しいプルトニウム239が生まれる。

■「夢のエネルギー」が失敗したのはヒューマンエラー

原発の冷却水っていうのは中性子のスピードを落とすために伝われるのね。だから「もんじゅ」は冷却水は使わず、高速のまま中性子を使うためにナトリウムを使い、プルトニウムを増殖させてしまう。日本は資源がないから「核燃料サイクル事業」の中核として、使用済み燃料を再処理して有効利用するためにプルトニウムを増やす「高速増殖炉」の研究が進められていたのですが、「もんじゅ」は事故続きで研究は進まなかった。

ナトリウムの扱いが難しかったこともあるけれど、多くはヒューマンエラー、つまり人的ミスだった。人間が扱うレベルを超えたエネルギーだったのかな。だけど、始めてしまったものを止めることができなくて、「もんじゅ」はまあ、言い方は悪いけれど植物状態のままずっと延命措置を受けていた感じです。これは国の研究事業だからたくさん税金がつぎ込まれた。国の税金を使った事業をやって失敗すると、責任問題が生じるわね。豊洲の移転だって、いま問題なってる。

「もんじゅ」も誰がここまで赤字を増やしたってことになるわけだね。当然、誰も責任を取りたくないから、逃げちゃうよね。なんとかうまく四方丸く収めて時間稼ぎをしていたところがある。それにね、もんじゅの地元の福井県の方たちは「夢の増殖炉」という危険を伴った実験を地元に受け入れて、それが社会の役に立つと考えて応援してきたわけだから、もんじゅの廃炉にはとても精神的な苦痛を感じています。国も県民に対して約束が果たせなかった責任があります。
c0082534_13131587.jpg
画面が逆さなのではなく、こういうカンジにギチギチで捨てられるらしい
c0082534_13135852.jpg
うーん。ツカッテモ・ツカエル君というキャラは……あんまりというか……。
 こういうものにもけっこうお金がかかっているんだろうなあとため息


■原発関連機関を受け入れている住民の人たちの気持ち

六ケ所村の人たちは、もんじゅが廃炉になって「もしかしらた再処理工場もいらないってことになるんじゃないか」って、やっぱり少し不安を感じたと言っていた。六ヶ所村は、日本の原発関連地域の中でも、事業主である原燃との関係が比較的うまくいっていて、村民の方たちのほとんどは、村に中間貯蔵施設や再処理工場ができることを納得し、原発は社会にとって必要なエネルギーだし、その一翼を担うことに誇りをもっている。そういう村の人たちが時間をかけて原子力というものを受け入れてきて、現在に至ることはあまり知られていないです。

六ヶ所の人たちは、放射性物質を歓迎したわけではないけれど「時間をかけて納得して受け入れているし、自分たちも原発のことを勉強し続けている」と語っていた。海外の原発施設にも見学に行って、そのうえで原発関連施設を受け入れてきたと写真を見せてくれた。

ただ六ケ所村を最終処分地にはしない、というのは最初からの約束。再処理のための中間貯蔵も期限はしっかりと守ってほしい。ずっとここに置くことは、させない」と強く発言。とても毅然とした態度で「最終処分地の決定を急ぐように!」とNUMOに喝。脱原発の運動のために村に入ってくる外部の人たちに対しては「話しができる人もいるが、こちらの話を全く聞いてくれない人も多い」「対話ができない人もいる」と厳しい表情。

■最終処分の候補地はこの十年間まったく決まらない

高速増殖炉の建設が困難な現在、最終処分地の決定が急がれるのはいくつかの理由があります。まず、日本は「平和利用をしないプルトニウムを持てない」という事情がある。もともとプルトニウムは原爆の原料として使用されたもの。核を持たない日本が、原料を持っていることを世界は許さない。核の原料に関してはかなり厳しく監視されているのです。あんたたち、平和利用をしないなら、さっさと処分しなさいということになるわけです。
日本の技術力があれば現在持っているプルトニウムで一週間で原爆が作れると、物理学者は言います。

日本は世界で唯一の原爆による被爆国で、プルトニウムが核兵器に使われたら何が起こるかを体験している唯一の国。
世界のひとたちが、広島を訪れたときに資料館を見て受ける衝撃は凄い。あるアメリカの青年は「なんてひどいことをロシアはするんだ」と言った、この話は広島の語り部の人から聞いたけれど、加害当事者国の認識だってこの程度なのだから、ほんとうに原爆の被害って知られていない
また、日本が軍隊を持っていないことや、非核宣言をしている国であることも、海外では知らない人が多いです。
(日本人も海外のことをあまり知らないのだから当然と言えば当然ですね)

■被爆国なのに原発を受け入れた日本

戦後に日本人が原爆に使った原料で、放射線を出す原発なんかイヤだ、と大反対していたのは当然なのだけれど、マスコミと政府とアメリカの共同戦線による大々的な「原発は夢のエネルギー、クリーンで安全」というPRを信じてしまったのは、当時の日本があまりに貧しかったからだと思う。みんな敗戦してお腹をすかせていて、豊かになりたかったんだ。詳しくは→「ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ 原子力を受け入れた日本」ちくまプリマー新書をお読みください。

戦後の高度成長で都市部が豊かになっていくなか、東北地方は発展という意味では取り残されていきました。出稼ぎに行かないと家族を支えられなかった六ヶ所村の生活を、地元の人から聞きました。灯のない真っ暗な村。でもことばのなかにその生活をほほえましく思う暖さもありました。敗戦から一躍、経済大国へ。それは素晴らしことだけれど、極端な成長は歪みを生むよね。なにかを犠牲にしなければできないことを日本人は成し遂げたのでしょう。

その犠牲に対して償わなければならない時期なのかもしれない。原発は、こんなにたくさんつくるべきではなかった。歯止めが必要だった。放射性物質が出ることはわかっていたし、その怖さも知っていたのだから

でも、成長とか、経済とか、そういうことが正義だった時代がずっとあったし、原発はいつもイデオロギーの対立の中で語られて政治の道具みたいに議論に使われてきた。いま、政府が原発を推進しているのは、国民が原発推進の議員を選んでいるからで。民意です。いまや反原発の政党で力があるのは共産党のみ。
c0082534_12512097.jpg
2017年1月・福島県川内村の西巻さんと広島在住の木原さん
原燃PRセンターの前で。吹雪いてましたー。


■民意による原発推進は民意による処分が必要

同時に、いまほとんどの原発が止まっているのは、地震国にたくさんの原発をつくったら安全が確保できないことを自らが証明した結果だから。この矛盾した現実は「原発はいやだけけど、豊かでいたい」という私たちの心の現れそのものだと思う。

現実ってほんとに正直だ。いろんな意味で、いま、原発はターニングポイントに来ている。それは誰が仕組んだということではなく、自然の成り行きとしてそうなった。運命のようにそうなった。いまなら、冷静に考えられそう。チャンスだと思うから、ダイアローグのためのスタディツアーを続けている。

次の世代に渡す前に議論の土台だけでも作っておきたい。最終処分地をどこに決めるか、は、私が生きている間には無理な課題。どうやって決めるか、そのために何が必要か。どんな手順が必要か。それを提示したい。私と六ヶ所村の人たちとは、原発に対する意見は違う。でも、一点、合意できた。「ダイアローグしかない」と六ヶ所村の人たちは言った

■学校をオープンなダイアローグの場にすることが未来を開く

ダイアローグが放射性廃棄物の最終処分実現への確かな道であることを、実感して戻って来た。
原発が放射性廃棄物を生むものであること、そしてその最終処分の問題が未解決であることは、学校の教科書に記載しなければいけないです。そして早い時期から現実を知り議論するような土台を作っていくことが、次の世代がこの問題と向き合うために必要。文科省は原発の問題をしっかりと教科書に取り上げて、利害関係のない学生時代に多様な考えを伝え合う場を作っていくこと、これは日本がどうしてもしなければならないこと。

↓女ばっかりのツアーも企画してみました。
男の人たちとは感じることが違うね。
女性の対話力がこれからの時代をひらいていくよ!




by flammableskirt | 2017-02-27 13:03 | イベントのご案内
アノニマス・エイド東京慰霊祭2017
「3月11日・あの日を語り継ぐ」
今年も開催します!3月11日の夜を一緒にすごしましょう

c0082534_10343255.jpg
2017年3月11日(土)
◎昼の部13時00分から
◎夜の部18時30分から

東京都新宿区経王寺本堂にて
http://www.kyoouji.gr.jp/about/access.html
どなたでも自由な時間に参加できます
入場無料・予約不要
c0082534_1552284.jpg




■この慰霊祭は、無名の人が名も知らぬ方のために祈る慰霊祭です
東北の震災で亡くなった方たちに祈りを捧げたい知りあいがいるのでもない、ご縁もない、でも祈りたいそんな人たちが集まって音楽と祈りをわかちあいます


■2011年から始まって、今年で7回目になります。これまでにもたくさんの方が参加してくださいました。宗教・宗派に関係なく参加できます

自由参拝です。本堂内は出入り自由ご都合のよいお時間ゆっくりとお過ごしください

■お経も皆さんと一緒に唱えることができます
(唱えたい人は一緒に、唱えたくない人は無言
お一人で来られる方が多いです
お気軽にお越しくださいね


c0082534_10593258.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼間の部
入場無料・予約不要

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■お寺は13時からどなたでも入れます。
 自由に入ってお焼香をしてください。
■様々な方が音楽演奏や、お話会を行っています。
 自由に聞いて、好きな時にお帰りください。
■今回は(株)アイ・スペシャルの後藤玲子さまより
「ネイルケア&ハンドマッサージ」
無料出張サービスのプレゼント

指先もあったかくなってね
 出会った方と気軽にご歓談を楽しんでください

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜間の部
入場無料・予約不要

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■18時30分-19時20分
ウォン・ウィンツアン&田口ランディ
トークライブ
ぶっちゃけ日本の原発の状況をお伝えします
原発って、これからどうなってるの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
♡超オススメ!

■19時30分-20時20分
ウォン・ウィンツアン&上畑正和
田口ランディ
サラウンドシステム
によるコラボレーション

4個のスピーカーで立体的に音を立ち上げる
サラウンドシステムにより
会場が音のプールとなります
この機会にぜひサラウンドの音響効果を体験してください!



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

休憩

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
♡毎年恒例となりました!

■20時00分-21時00分
ウォン・ウィンツアン&上畑正和
ピアノとパイプオルガンとシンセサイザー
即興コンサート

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


入場は無料です
夜の部はお立ち見になる場合もありますのでご了承ください
お身体の具合の悪い方はスタッフにお申し出くださいね


◎この日のピアノは即興演奏なので終了時間が伸びる可能性があります



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■タイムスケジュール■

13時00分 
本堂で自由焼香
加藤貞寿さんのシタール演奏開始
14時00分 
追悼のご法要
(ご自由にご参加ください) 
14時46分 
慰霊の鐘
15時00分 
上畑正和 ピアノ慰霊演奏
(演奏中もご自由にお焼香ください)
16時00分 
田口ランディお話し会
(自作「指鬘物語」朗読)

18時30分
ウォン・ウィンツアン&田口ランディ
トークライブ 
19時00分
サラウンド・コラボレーション
ピアノと語り
20時00分 
ピアノとパイプオルガンの即興演奏
      ウォン・ウィンツアン&上畑正和     
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
みなさんのご来場をお待ちしています

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

出演者プロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウォン・ウィンツァン ピアニスト・作曲家
87年、瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年にピアノソロ活動を開始。9 2年、サトワミュージック発足、1st アルバム「フレグランス」がロングセラーに。以降30作近く の CD を発表。NHK「にっぽん紀行」E テレ「こころの時代」のテーマ曲でも知られる。透 明な音色で観客の深い意識とつながり、解き放たれた静寂な空間を創りだす即興演奏に“ 瞑 想のピアニスト”と呼ばれている。最新シングル CD「光を世界へ~ Yes All Yes ~」は、ウォ ンが初めて作 詞も手がけた平和へのメッセージ・ソング。そのミュージック・ビデオ(YouTube)も感動を呼んでいる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
上畑 正和 作曲家・ピアニスト・リードオルガン奏者
独学で作曲と和声を探求。TV 番組、アニメ、CM 音楽の作編曲や楽曲提供を手がける。 演奏活動ではソロをはじめ、多種楽器奏者とのコラボレーションを展開。毎年3月11日に はウォン・ウォンツアンとの即興演奏を行っている。サラウンドの楽曲制作に積極的に取り組み、7つのスピーカーで観客を取り囲むサラウンドコンサートの開催、8ch サラウンド楽曲をアート展 に出品。サラウンドが作りだす倍音によって観客の潜在意識の扉を開く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
田口ランディ 作家
2000年に処女作「コンセント」がベストセラーに。初期の長編は電波系三部作と呼ばれ、映画化や多言語に翻訳された。
花の色(光)、倍音によっ て自然な瞑想の状態に入ることを伝えるため、自ら瞑想会を主宰。
プレッシャーや不安から解放され創造的な状態で表現をするためのクリエイティブ・ライティング講座を開催
2010年に原発問題から対話を考える「ダイアローグ研究会」を開催
高レベル放射性廃棄物最終処分実験地のスタディツアーを企画している
新刊は「指鬘物語」(春秋社)「坐禅ガール」(祥伝社文庫)


c0082534_10072358.jpg

by flammableskirt | 2017-02-27 11:01 | イベントのご案内
2017年4月15日・16日
「指談講習会&指でおしゃべり会」のお知らせ
牧野順子&田口ランディ
湯河原町「一人ひとりの個性を大事にする会色えんぴつ主催」

c0082534_18273228.jpg
--------------------------------------
「指談ってなんですか?」
--------------------------------------
指談とは、発語ができない方、意識障と思われている方など、会話によってコミュニケーションがうまくできない方たちと、指を通してお話をする方法です。
■実際に「指談」によって植物状態と方と会話をしている場に立ち合った経験があります。また、私自身も指談で会話をした経験があります。
誰にでもできますが、まだ一般的な方法ではありません。コツや慣れ、なによりハートが必要です。
すべての人と会話ができるわけではありませんけれど、可能性はたくさんあります。
■お金もかからないし、とてもシンプルですてきな方法です。
■いろいろな方(とくに発語の難しい方の御家族や介助者)のみなさんに体験していただけたら、コミュニケーションがしやすくなると思います。

■今回は指談の基礎からお教えします。初心者の方、大歓迎です。一緒に指談を習いましょう。

--------------------------------------
4月15日(土)16日(日)

時間・午後13時開場 13時半開始-16時終了
(16日は途中退席可能です)
場所・神奈川県湯河原町
「宮上幼稚園」
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上184
東海道線湯河原駅下車

--------------------------------------
http://miyakami.justhpbs.jp/sub7.html
参加費 15日の講習会は3000円
    16日の指でお話会は一家族3000円

--------------------------------------
詳しくはHPの記事でもごらんになれます
指でおしゃべり会のご案内

--------------------------------------
西湘地区や、熱海小田原東海地区など、湯河原のご近所にお住まいの方はぜひシェアをお願いします。寝たきりの方、失語症の方ともお話ができる可能性があります。必要な方のところに届きますように。

--------------------------------------
お申し込みはメールでお願いします
住所・氏名・電話番号・参加日(15日・16日・両日)
16日に参加される方は参加人数をご明記ください
m.youchien@nifty.com
(わからないことがあったらメールでお問い合せくださいね)
--------------------------------------
FAXの方はこちら
0465-62-9417

--------------------------------------
c0082534_17575959.jpg


by flammableskirt | 2017-02-23 18:31 | イベントのご案内

c0082534_09562567.jpg
「奥箱根の温泉瞑想会」

奥箱根の温泉で、瞑想を体験。
マクロビのお食事とファンゴ泥パックでリラックスする一泊二日の瞑想合宿です。
女性限定です。瞑想の初心者の方、ぜひこの機会に体験してみませんか。



--------------------------------------------------

■日時:2017年5月20日(土)~5月21日(日)
■集合:5月20日(土) 13:00
■集合場所: 箱根町強羅駅(送迎いたします)
■解散:5月21日(日)11:00 現地解散


■合宿場所:奥箱根「瑞の香り(みずのかおり)」
【公式HP】http://miz-k.com
住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1321-395

---------------------------------------------------

■強羅駅までのアクセス
強羅駅・JR東海道線小田原駅より箱根登山鉄道に乗り換え約1時間です。宿よりお迎えの車がまいります。
(東京から小田原はJR東海道線下り約1時間半)
【箱根登山鉄道時刻表はこちら】
http://www.hakone-tozan.co.jp/time/time_2.html

-----------------------------------------------------------

■参加費:お一人様 35000円
 一泊二日の宿泊費と夜と朝のお食事がつきます。
 交通費はご自身のご負担となります。
 小さな隠れ宿です。お部屋は相部屋となります。ご了承ください。
 (合宿中は宿泊所内では禁煙とさせていただきます)

-------------------------------------------------------

お申し込みはメールで
■メールには以下の情報を明記してください。

お名前・住所・携帯番号・PCのメールアドレス(なければけっこうです)
■申込先 瞑想合宿事務局 田口百文(たぐちもも)
nagihigashi@gmail.com

-------------------------------------------------------
c0082534_14040833.jpg

▼瞑想合宿とは?
瞑想初心者のための瞑想を体験していただきます。まず準備のストレッチとヨガで身体をほぐしてから発声のトレーニングをします。咽がひらき声が出るようになったら「響」による瞑想を行います。静かにマントラを唱えます。とても深い瞑想状態に入りますので、みなさんがもし、その状態をずっと体験していたいのであれば、一日目は「沈黙の行」を行うことをおすすめします。

▼マクロビオティックとは?
動物性の食物、動物性の油、砂糖、人工調味料などをいっさい使わずに調理したお料理です。とてもおいしいです。甘味は天然のフルーツなどから作ります。昆布だし、きのこだしで、味もしっかりあります。食べると身体がすっきりします。

▼ファンゴ泥パックとは?
ファンゴ(FANGO)とはイタリア語で「温泉泥」のことです。
イタリアでは骨粗しょう症、リウマチや関節炎への有効性が医学的にも立証され、
飲泉(温泉水の服用)やインハレーション(温泉水の吸入)と共に人気の高い「温泉療法」の1つとして確立されています。
「温泉療法」であるので、施設に常駐している医師(温泉療法医)の処方を前提とした、
「公的保険が適用されるセラピー」となっています。
引用【『ファンゴとは』瑞の香りさまURLリンク】
http://miz-k.com/fango.html

【ファンゴ泥パックセラピー特別割引】
通常では7500円の泥パック。今回の合宿では、6500円にて施術を受けられます。
※泥パックをご希望の方は事前予約が必要ですので、参加申し込み時にお問い合わせください。
人数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。

【特製アメニティグッズ】
参加された方には瞑想のために田口ランディが選んだアロマトライアルセットポーチと、各種のアメニティを用意いたしておりますのでお楽しみに。

▼箱根温泉の特徴
~瑞の香りの温泉~
瑞の香りには大小2つのお風呂と露天風呂があり、
大涌谷原泉から引き湯している掛け流しの温泉を楽しむことができます。
泉質はph2.2 の酸性泉(酸性-カルシウム-硫酸塩、塩化物泉)で少し白濁としたにごり湯となっております。
当館の浴槽は決して大きくありません。
しかし温泉を良質に状態でかけ流して提供するためには、大きな浴槽にはできないのです。
どうかこの点をご理解の上、新鮮なにごり湯をお楽しみください。
お泊りの男女比によって、大きめの浴槽と小さいよく浴槽を振り分けており、真夜中に男女の入れ替えをしています。
しかし男女とちらかの数が圧倒的に多い場合は、入れ替えを行いませんので、どうかご了解ください。
温泉は天然の恵みですから、その成分や湯量も日によって若干異なっているようです。
にごり湯の色も真っ白であったり、少し薄い乳白色であったり、やや緑がかっていたりと様々です。
その折々に変わる自然からの贈り物を楽しんでください。

■その他の「適応症」と「禁忌症」
・適応症
温泉療養を行うことで身体にとって良い効果が現れる「適応症」は以下の通りとなっております。
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、アトピー性皮膚炎、
表皮膿症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、関節リウマチ、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進。
・禁忌症
1回の温泉入浴でも身体に悪い影響をきたしてしまう「禁忌症」もございます。
以下の症状をお持ちの方はご注意ください。

皮膚・粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人、急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、
悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

引用【『温泉』瑞の香りさまURLリンク】
http://miz-k.com/onnsen.html
-------------------------------------------------

▼瞑想会スケジュール
2017年5月20日(土)~5月21日(日)
2日間の瞑想会スケジュールは以下の通りです。

-------------------------------------------------
【1日目】

-------------------------------------------------
13:00 強羅駅集合(バスにて送迎)
13:30 チェックイン
14:00 セッション開始
18:00 終了
18:30 夕食
   自由時間
   お風呂
   泥パックなどお楽しみください

22:00 就寝

-------------------------------------------------
【2日目】
-------------------------------------------------
7:00 自由散歩 (※希望者はファンゴセラピー可)
8:00 起床、朝食
9:00 セッションの準備
9:30 二日目のワーク開始
    自己紹介
    シェアリング
11:00 解散
解散後 (※希望者はファンゴセラピー可)


-------------------------------------------------
現地解散です。午後は箱根散策をお楽しみください。


-------------------------------------
★★お役立ち情報★★
-------------------------------------
▼箱根の周辺情報
箱根にあります、観光スポットからいくつかご紹介いたします。
芦ノ湖を始めとした箱根温泉や大涌谷、仙石原などが有名です。
伝統工芸の「寄木細工」も体験いただけます。
また多くの美術館が箱根の自然の中、展示を行っています。
緑に囲まれた美術館で静かなひと時を過ごしてみませんか?


■箱根ガラスの森
※所在地※
〒250-040 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300

箱根ガラスの森美術館は緑豊かな箱根仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。
○ヴェネチアン・グラス美術館
中世ヨーロッパ貴族が熱狂したヴェネチアン・グラスの名品約100点を展示する美術館です。
○現代ガラス美術館
19世紀以降のヴェネチアン・グラスを中心にご紹介いたします。

※アクセス※
新宿駅.小田急ロマンスカー 90分→箱根湯本駅.箱根登山バス(湖尻桃源台行)25分→箱根ガラスの森
箱根湯本駅.箱根登山電車 40分→強羅駅.観光施設めぐりバス(S又はM路線) 20分→箱根ガラスの森
http://www.ciao3.com/top.htm

■星の王子さまミュージアム ★田口ランディのオススメ
※所在地※
〒250-0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909

星の王子さまミュージアムは、サン=テグジュペリ生誕100年を祝した世界的記念事業の一環として作られた、
『星の王子さま』をテーマにした世界で唯一のミュージアムです。
サン=テグジュペリの生涯をたどりながら、箱根の自然豊かな環境の中で、フランス風の街並みと、
ヨーロピアン・ガーデンをお楽しみいただけます。

※アクセス※
・箱根登山鉄道「箱根湯本駅」より箱根登山バス「桃源台行き」約30分
・箱根登山鉄道「強羅駅」より施設めぐりバス「湿生花園前行き」
 又は「御殿場プレミアムアウトレット行き」約18分
 「川向・星の王子さまミュージアム」バス停下車

-------------------------------------------------------
お申し込みはメールで
■メールには以下の情報を明記してください。

お名前・住所・携帯番号・PCのメールアドレス(なければけっこうです)
■申込先 瞑想合宿事務局 田口百文(たぐちもも)
nagihigashi@gmail.com
------------------------------------------------------


初夏の箱根を満喫してくださいね!


by flammableskirt | 2017-02-23 14:42 | イベントのご案内
熊本県の津奈木美術館で、いま福島をテーマにしたアート作品の展示を行っています。この「福島県立博物館/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト」は、博物館、美術館という枠を超えて、福島を紡いでいく試みです。アール・ブリュットが作業所と美術館という枠をとっぱらい、美術と福祉が連携して広がったように、人間の創造的な活動は区分けができるものではなく、連携して、多様化していくほうが、みんなにとって楽しく生きやすい社会になると思います。医療や介護も、もっと交じり合ったほうがずっと便利なのに、人間にとっての快適よりも、別のものが優先されがち。でも、少しずつ溶け合っていっているし、ボーダレスは加速していると感じます。その過程で摩擦が起こるかもしれないけれど、拮抗しながら、力は流動的に変化していくんだよな、って世界を見ていて思うんです。

今回は福島と水俣の出会い。大津で福島智さんと「やまゆり園」のお話をして、水俣に移動し、原発事故と水俣病の話題になったわけですが、この三つの点がわたしのなかでは分け難くつながっていました。ただ、どうつながっているのかをことばで説明するとなると、まるっきり説得力を持たなくなってしまうんですよね。福島も水俣もわたしにとっては懐かしい友達がいる場所です。もし友達がいなかったら、再びは行かなかったろうし、繋がりも切れていたと思います。友人を通してなにかを感じとっている。それは広島でもそうなんですね。とっても具体的な人との関係を通して土地と繋がっています。わたしは、ただの人だから、そのような繋がり方しかできないんです。なにかの専門家でもないし、なにか主義主張があるわけでもないからね。ですから、ただ話を聞いて、聞いて、聞いて、いろんな角度からいろんな立場の人の話を総合して、ぼやーっとしていることしかできないんです。こういう立ち位置は中途半端で、まったく役立たずなんですが、それこそがわたしなんだなあと思います。立場がないんです、わたしは。あえていえば、遠縁のオバサンが遊びに来たみたいな感じですよね。

今回は福島県立博物館の赤坂憲雄館長が対談のお相手で、緊張しました。ずーっと福島に関わっている、東北学を背負っている赤坂さんです。赤坂さんは、福島に近い分だけ切実です。その切実さはわたしとは全く違うから、話が噛みあわないんですが、でも、噛みあわなくていいか、と無理をして噛み合わせなかった。そのズレこそ、大事な気がしたから。人と人って、たいがいズレているものなんです。ズレていないとしたら、嘘をつきあっているような気がします。ズレてるから、面白いし、面白いから興味をもつし、お互いを照らし合うんだと思える。

会場には天草の宮崎忠國さんや、現在は水俣病の語り部の会の会長さんになっている緒方正実さんが聞きに来てくださって、ほんとうに懐かしい友人に囲まれて、うるうるしてしまいました。みなさん一人ひとりとゆっくりご挨拶したり、お話したり、ができないことが、残念だった。申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。本の読者の方も来てくださって、ありがたくてたまらないけれど、ありがとうとしか表現できない。
じっくりと時間をとってお会いすることがどんなに大事かよくわかります。人生のなかで出会う人はとても限られていて、一緒に過ごせる人はわずかなんです。多くの人とは、ほんのわずかな時間しか共有できない。だから、会える人とはできる限りお会いしたいし、お会いするときは思い切りどっぷり時間を共有したいと思うので、いつも写真を撮るのを失念してしまいます。この日はかなりがんばって撮りました。みなさん、ほんとうにありがとうございます。

そして、今年もやります。東京慰霊祭。無料コンサート!
c0082534_12045296.jpg


by flammableskirt | 2017-02-18 12:06 | イベントのご案内
今日はみんなと一緒にめっちゃクリエイティブな体験をしました。ありがとう!楽しかった。
ほんとかっこよかった。すばらしい作品がたくさん誕生。
作品をレイアウトして、額に入れて持ち帰っていただきました。
明日の朝、目が覚めたらお部屋に絵がある。ステンドグラスみたいな光る箱がある。
見るたびに今日のことを思いだして元気になってもらえたら幸せです。
創作するって、表現するって、最高だよね。
それをみんなで共有するって、もっと最高だよね。
それぞれのなかに、すんごい種があることを、感じてもらえた一日。
「あなたもすばらしい!わたしもすばらしい!」
お互いが共鳴しあうともっとすばらしい。

プラスチックケースに下絵さて、なにが完成するのかな?

c0082534_21582284.jpg
実はこんなすごいものが!
c0082534_21584454.jpg
10メートルのロール紙にみんなでお絵描き。
それをレイアウトして切り取って額に入れました。
c0082534_21585778.jpg
めっちゃ子ども心に戻って、
すごい傑作が誕生。
傑作の写真はまた明日!


楽しい一日、みんなありがとう!
なにもかもキラキラしていて最高でした。

田口ランディのオフィシャルサイトに
ワークショップのartgalleryがあります
参加者が作った作品を見にきてね!
ART WORKSHOP GALLERY




by flammableskirt | 2016-10-09 22:04 | イベントのご案内

10月のお知らせ

今年も残すところ3ヶ月ですね
ありえない、早過ぎる。と、思う反面、7月の「かもめ」の舞台からすでに3ヶ月。この3ヶ月は長かった。まるで1年くらい経ったように感じる。
c0082534_09055598.jpg

時間というのは伸びたり縮んだり、一定ではないということかな
感じ方次第で、時間をコントロールできる。人間は新しい体験を多くすると時間を濃厚に感じるそうです。全体的には早いけれど、分断された時間がとても長いというのは、濃厚な時間を過ごした証。

生まれて初めての演劇舞台体験。そのための練習10ヶ月
スタニスラフスキーシステムを学び、その合間に部屋の改装、佐藤初女さんの葬儀、海外翻訳版の出版、穴ツアーの企画、ほんとうにいろんなことをしました。

そしてついにプロの舞台出演12月の「骨風」に挑む
これは人生の転機!役者への第一歩、11月から本格的に練習がスタート。共演者は異彩ぞろい。想像しただけで武者震い。これから舞台に向けて疾風怒涛の毎日が始まるんだろうなあ。
なぜ役者を……という経緯はこのブログにて少しずつ書いていく予定。
c0082534_09075912.jpg

舞台「骨風」の稽古日記もHPに紹介します。
共演者は、四谷シモンさん、佐野史郎さん、十貫寺梅軒さん、世界的舞踏家の中島夏さん、石川真紀さん、幻の名優大久保鷹さん、井浦新さん、映像作家の林海象さんと、異種格闘技のようなすごいことになっています。

チケットはすでに完売、もはやキャンセルを待つだけ。
プレミアムチケットになってしまった……。こんなすごい舞台に立てるだけでも幸せ。もちろん初舞台なのでめっちゃ緊張しています。大丈夫、私にはスタニスラフスキーがついている!

ホームページをリニューアルしました。
この秋から心機一転でやるぞ!という決意表明。ステキなprofilephotoは写真家のにのみやさをりさんに撮ってもらいました。それ以外の写真は自分で撮りました。写真はおもしろい。主に花の写真を撮っています。その写真をピアニストのウォンさんに見せたところ「すごくいい!」と言われたので、花の写真とピアノの即狂ライブコンサート「瞑想の花」を企画。このお知らせもHPにあります。

これまではバラバラでわかりずらかった、ワークショップ、イベント、新刊情報、ライブ、舞台、ウェブマガジン、掲載メディアの紹介、クリエイティブライティング講座の申し込み、ダイアローグ研究会、講座、講演情報すべてまとまってわかりやすく確認できます。

10月15日から「spiritual magazine ヌー!」がnote上で公開されます。継続課金マガジンで月額500円です。有料のマガジンなので「本気でスピリチュアル!」がキャッチフレーズ。ありきたりな日常をありえない日常に。精神世界、シャーマニズム、アニミズム、仏教からユングまで、田口ランディワールド炸裂で隔週更新予定。このお知らせもHPにあります。
c0082534_09000374.jpg


by flammableskirt | 2016-10-06 09:12 | イベントのご案内
定員になりましたので締めきりとなっております。
現在はキャンセル待ちをお受けしています。
ご興味のある方はご連絡をください。
次回のお知らせを早めにお送りいたします。
遠くからのご参加ありがとうございます。
すてきな一日を一緒に過ごしましょう。

c0082534_09340174.jpg
大人のためのアート・ワークショップin湯河原
Taguch Randy 
Creative Art Workshop
クリエイティブ・アート・ワークショップ
日時 2016年10月9日(日)
   13時〜16時半(開場12時30分)
場所 神奈川県湯河原町(東京駅からJR東海道線で90分)
定員  25名
■締切  9月30日
■参加費 8000円(材料費・軽食込み)

■Time Schedule
12:30 受付開始
13:00 Start! Voice&Bodywork
身体ボディワーク
    まずはヨガの基本姿勢でリラックス
    竹内レッスンを使って「からだとこころ」を解放。
    みんなで創作に突入!
 ※竹内レッスンは竹内敏晴先生が創った
      他者とのコミュニケーションのためのメソッドです
Art Workshop
           アート・ワークショップ1
            ※お渡しした画材はお持ち帰りください
           おやつ休憩
            お互いの作品を観賞しながらひと休み
           アート・ワークショップ2
            ※作品は額装して持ち帰ります
            お部屋に飾ってください

           
■シェアリング&記念撮影

16:30 終了・解散

 終了後・希望者の方で親睦会を予定
 詳細は申し込み時にご連絡いたします

■会場 宮上幼稚園
http://miyakami.justhpbs.jp/sub7.html
東京からJR東海道線で90分。幼稚園までは温泉場行きバス乗車
c0082534_1342878.jpg
※会場までの詳しいアクセス方法や、湯河原の温泉情報などは参加申し込みをしてくださった方にメールにてご連絡いたします。湯河原での一日、お食事や温泉・観光も楽しんでくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加申し込み方法
件名は「大人のためアート講座」と記入
①お名前(フルネーム・ふりなが)
②当日ご連絡の取れるお電話番号(携帯電話など)
③ご住所
以上を明記の上
ka2ka2_104@icloud.com
メールでご予約ください。担当・勝俣利彦
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Creative Art Workshop
c0082534_13173623.jpg
子どもたちのために始めたサマースクールのアートワークショップが大人に大人気。
リピーターが増えてお断りするほどに。童心に戻ってアートしたいのは大人たち。
今回は大人のためのアートワークショップを企画しました。
希望があれば継続します。宮上幼稚園の園長先生が場所を提供してくれました。
最高に自由で楽しい幼稚園のお教室でクリエイティブを解放します。
絵が下手だと思っていた人、美術の授業が苦手だった人、
思い込みをブチ破り、思いきり自己表現をするとスカッとしますよ。
どんな人の心にも「表現したいもの」があります。
それが個性。じぶんらしいのがいちばん気持ちいいこと。

タグチランディ
c0082534_11403318.jpg

c0082534_11534897.jpg
 


湯河原のおすすめ日帰り温泉「こごめの湯」はすぐ近く
c0082534_11331535.jpg

c0082534_15131323.jpg
じぶんらしいこと、好きなこと、発見する一日。


ご予約の方法件名は「大人のためアート講座」と記入①お名前(フルネーム・ふりなが)②当日ご連絡の取れるお電話番号(携帯電話など)③ご住所以上を明記の上
ka2ka2_104@icloud.com
までメールでご予約ください。担当・勝俣利彦
c0082534_13173623.jpg
Randy Taguchi Project

by flammableskirt | 2016-09-26 10:41 | イベントのご案内

ビョーキは感染する。いつもべてるの家(※)の人たちから言われていたこと。
「ベてるの家」とは北海道浦河町にある社会福祉法人。かなり重度の統合失調症の人たちが点在するアパートに住まい、半共同生活している。地場産業を支えるほどさまざまな事業を立ち上げ、成功させているが、主体は精神障害をもつ当事者。年商●億円を稼ぎ出すこの不思議な集団に、年間に二〇〇〇人もの見学者が集う。

一時期、この「べてるの家」の人たちと親しかった。よく浦川に訪れて一緒に飲んだりした。行くとみんなから「ここに来るとビョーキになるから」つまりビョーキがうつると言われた。「もともと、ランディはちょっとビョーキだから悪化するよ」

どうなるんだろうとドキドキしていたけれど、悪化することはなかった。「べてるの家」と疎遠になったころ「アール・ブリュット」という障がい者の描く芸術に興味をもつようになった。厳密にはアール・ブリュットは「生の芸術」という意味で、障がい者に限定するものではない。画家の田島征三さんなどは自ら「アール・ブリュット」を名乗っている。

アール・ブリュットは摩訶不思議な魅力をもっていた。観ていると気持ちがざわざわしてくる。頭蓋骨の蓋を吹き飛ばして、創作ビジョンと繋がりたいという妙な欲求がわいてくる。それは、アール・ブリュットの作家が常識の世界を超えた、自由で広大な場所に立って、他人の評価もお金も名声もなにも考えず、ただ感じたままを表現しているからだ。あざとさが、みじんもない。
c0082534_16391394.jpg

美術家の中津川浩章さんは、学生時代から障がい者の絵に興味をもち、まだアール・ブリュットという名称が日本になかった頃(エイブルアートと呼ばれていた)から、障がい者の絵に魅了を感じ、福祉におけるアートの可能性を直感していた。

中津川さんは、アール・ブリュットの業界(というのも変だけれど)そこに関わる人たちの間では有名だったので、どんな方だろうと思っていた。川崎の岡本太郎美術館が、「岡本太郎とアール・ブリュット」という企画展を行ったとき、中津川さんはキュレーターとして奔走していて、展示会場で始めてお会いした。

自宅が小田原と聞いたので、湯河原に近いし、またお会いしましょうと名刺交換をした。わたしが想像していたよりずっと気さくで、パワフル。そして、すごく繊細そうだった。中津川さんの印象がすこぶるよかったので、いつかお会いしたいなあと思っていた。

初対面で中津川さんの眼に惹きつけられた。「あ、このめ眼は芸術家の眼だなと思った。こういう眼の人にときどき会う。覚醒しているとうのかな瞳孔が大きくて、力強く、澄んでいる。和太鼓奏者の友人や、音楽家の巻上公一さん、ソプラノ歌手の友人……みんなこの目だ。

この目の人はちょっとイッちゃってる感じなんだよな、と思った。純粋で、ウソがつけない眼。パワフルで、好奇心が旺盛で、自我を世界に明け渡して芸術に満たされることが快感な人たちの目。

作家という仕事は文字を扱う。ことばをこねくりまわしているうちに、だんだん保守的になってくる。文化人的な扱いを受けるし、コメントなど頼まれても無難なことを言わないといまどきバッシングが恐ろしい。

16年作家をやっているうちに、わたしはほとんど自分が思ったことを書かなくなってしまった。あたりさわりのないことしか書かない(書けないのではなく、書かなくなった・単なる自己規制)。私が考えていることはけっこう反社会的だし、一般常識から逸脱している。初期の作品はそうだった。中身は今も変わらないのにそういう自分が出せなくなっていた。変な人と思われたくない。 ふつうに生活しているのに作品から怪しい人を想像されるのが辛かった。

発病して気でも狂わないととてもじゃないが、これから先、じぶんが書きたいものは描けないかもしれない。そういう危機感をここ数年もっており、昨年から「学者さんとのシンポジウムは出ない」「文化人的な仕事はしない」「しばらく執筆を休む」「本は全部捨てる」つまり、自分をリセットしようとしてみた。人生、そう長くないのになんで書きたいことを押さえて生きるのか。ここでいい人ぶってちゃだめだ。

新転位21の舞台に出演するのも、身体の感覚を取り戻し、世界との回路をつなぎ直すためだった。山崎さんの舞台は厳しいし、かなりシャーマニックなことを要求される。そういう自分を思いきり表現してみたかった。そのために、自律訓練方や瞑想も以前より真剣に取り組んだ。

絵を描く、写真を撮る、演じる、文章以外で自己表現するのはめっちゃ楽しいし、なにやってもOK、すごく自由だ。

ゆうべ、中津川さんと小田原で会って、飲んだ。いろいろな話を聞いた。面白かった。でもここで強調したいのは話じゃない。波動。中津川さんのもっている波動は、高い。ああ、この人は日々、インスピレーションを身体に下ろして生きているんだと感じた。そういう相手と、三時間以上、向かい合っているだけで、やばい感じになった。うわ、感染しそうだとわくわくした。わたしは感染したい。発病しちゃいたい。

そして、どかんとあの不気味な私の内的世界に潜り込んでしっちゃかめっちゃかやりたい。それを抑えているのは理性とか恐怖とかいい人でいたいというくだらない自意識なのだが、目の前に繋がっちゃっている人がいると、どんどんボルテージが上がり、あの感覚が甦ってくる。

なにかに憑依されて自分じゃないものに自分を明け渡してしまうときの快感。まったく意図しないものが次々思いついて、一日で100枚もお筆書きのように書いてしまうドライブ感。疲れたら眠れば夢の中で続きを見れる、トランスの状態。ああいうものに、まだ自分は入って行けるんだろうか。体力的に無理なんじゃないかと弱気でいた。正直、あれは身体はすごくしんどい。

いや、やれるんじゃないか、いけるんじゃないか、なんだかできそうだ、と誇大妄想的になってくるのが発病の兆候で、いいや、好きなことやっちゃうしかないし、話している間にも、どんどん構想がわいてくる。くだらなくて、とるに足らなくて、どうでもいいつまらないことを思いつき始め、やたらと愉快になってきた。ビジョンってのはさほど高尚じゃない、めっちゃ低俗なところからひっかかってくる。

やっぱり、こういう人のそばにいるとうつるんだ。いままであまりに理屈をこねる頭でっかちが多すぎた。もっと気が狂った人に影響を受けないとぶち破れない。そう思ったから、四谷シモンさん、大久保鷹さんたちの舞台に一緒に立とうと思ったのだもんな。めっちゃ狂ってる人たちだから。

人生って思春期と思秋期があって、どっちも精神的に危うくなるのだけれど、わたしは当然、思秋期のほうで、一度、歯垢みたいにこびりついた思考をこそげ落し、酵素で分解し、スカッとしたい。いわば家庭内暴力で暴れてる中学生と同レベルだ、とよくわかった。

思春期で激しく荒れていた子たちも、自己表現ができると落ち着く。中津川さん自身もそうだったと、若い頃のことをいっぱい語ってくれた。おばさんもそうなんだよ。もうやなんだよ、なんかかた苦しくて、予定調和なことやってるのうんざりなんだよー。

芝居だって、美術だって、やりたいことをやればいいし、その先に文章があるのかもしれない。今日は久しぶりに気持ちよく書いてる。そういや最近、ちょっとずつまた文章が、楽しくなってる、仕事じゃないことを書くと解放される。

64冊も本を出してんだから、あとは好きなことを書いて、好きなことをやっていればいいか。

ものすごくテンションが上がったのでゆうべは眠れずに、結局、睡眠導入剤を飲んだ。ベッドに横になりながら、飛行機のこと考えていた。

中津川さんの、飛行機の作品が好きだ。あれが諸星大二郎の「マッドマン」の、枯れ葉と枝で飛行機を飛ばすシーンからインスパイアされたと聞いたときは、「やっぱり」と思った。わかる、この世界のことばの裏側に遍在していて、いつも、こちらに誘いかけてくる。そういう、呪術が電波のように神経を伝えって脳に刺激を与える線と陰影、それが中津川さんの作品。あれはね、感じる人が見れば、その背後にある超自然的な力がわかる。

完全に感染した。ありがとう中津川さん。
こんど一緒にトークと、ライブペインティングのイベントをしたいね。

表現はすばらしい。表現ができるとどんなに荒れている人も穏やかになる。
自分を出すことで、落ち着く。そして、幸せになる。
こんなすばらしいことを、もっと伝えていきたいよね。
自由すぎるようで、縛りの多い時代。
いっぱいいろんな人を感染させてしまいましょう。





c0082534_15131323.jpg


c0082534_1513127.jpg
■ファシリテーター
タグチ・ランディ


【ご予約の方法】

件名は「大人のためアート講座」と記入
①お名前(フルネーム・ふりなが)
②当日ご連絡の取れるお電話番号(携帯電話など)
③ご住所

以上を明記の上
ka2ka2_104@icloud.com






by flammableskirt | 2016-09-13 16:59 | イベントのご案内